このページの本文へ

パソコンケース自作キット“Lubic”シリーズに Mini-ITX用のアクリル板セットが登場

2005年05月15日 01時35分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 海連から発売されているパソコンケース自作キット“Lubic Standard”シリーズに Mini-ITX用のアクリル板セット「Lubic Mini-ITX用パネルセットPILOTS」が登場した。ケースを支える足の部分も透明で、組み立て後はデザイン製の高いケースとして使用できる。

完成写真
Mini-ITX用のアクリル板セット「Lubic Mini-ITX用パネルセットPILOTS」。パッケージは写真のアクリル板のみ。フレームなどは別途購入する必要がある

 同製品はアルミ製のフレームとアクリル板で自作できるPCフレームキットで、すでにATX版とmicro-ATX版の製品が登場している。パッケージによると、アクリルパネルは高純度のアクリルを使用しているため、耐性が高いとのこと。またアクリルのエッジ部分に特殊加工をしているため光透過性が高いとしている。このパネルを使っての組み立て時のサイズは230(W)×291(D)×234(H)mm。付属品はネジや簡易マニュアルのみ。組み立てに必要なアルミ製フレームやスイッチ類、ネジなどは別途必要となる。価格はアークで1万2000円、Onenessで1万2600円。

サイズ 別途必要
組み立て時のサイズは230(W)×291(D)×234(H)mmとなるなお、上記の写真のようにするには、フレームが計21本のほか、ネジや留め金具などが必要となる
フレーム1 フレームセット
取扱店ではこのようにフレームを1本単位で販売しているショップによると、今回発売するアクリルパネル用のアルミフレームのセットも予定されているとのこと
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ