このページの本文へ

マイクロソフトの光学式ワイヤレスマウスに革張りバージョンが登場!

2003年12月11日 22時59分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Wireless IntelliMouse Explorer 2.0」レザーブラック

 先日発売されたマイクロソフトの光学式ワイヤレスマウス「Wireless IntelliMouse Explorer 2.0」のバリエーションモデルが登場した。その名も“レザーブラック”。カラーバリエーションモデルという扱いだが、本体の一部が革張調仕上げになっているという豪華仕様だ。



合革ですが 新「IntelliMouse Explorer」
本体後半部の手のひらが当たる部分が革張り調に新「IntelliMouse Explorer」も同時に登場

 革張り調仕上げになっているのは本体後半部の手のひらが当たる部分。ヨーロッパの高級車のステアリングホイールなどにも採用されている人工皮革素材を使用しているという。もちろん左右スクロールが可能な“チルトホイール”を搭載するほかスペックは通常版と変わらず、左右クリック、ホイール、左サイド親指位置の「戻る」「進む」ボタンの計5ボタン式、電源は単3アルカリ乾電池2本(乾電池寿命は約6カ月程度)で電波受信範囲はレシーバから約1.8m以内。インターフェイスはUSBでPS/2変換コネクタが付属。価格はフェイスで6270円、USER'S SIDE本店で6480円、OVERTOPで6572円、DOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館で6980円、ZOA 秋葉原本店で7480円。なお、先月15日に登場したキーボード/マウスセットの「Wireless Optical Desktop Elite」をベースに、マウスをこの“レザーブラック”バージョンに変更、キーボードのパームレストを同様に革張り調にした「Wireless Optical Desktop Elite Executive Editon」も予定されており、こちらは19日(金)発売予定となっている。
 また同時に、「Wireless IntelliMouse Explorer 2.0」の機能と形状をそのままに有線タイプとした「IntelliMouse Explorer」も登場している。同社製の同名の製品が存在しておりやや紛らわしいが、馴染み深い製品名を継いだ新バージョンということになるだろう。カラーバリエーションは現在シルバーのみで、価格はOVERTOPで4981円。



【関連記事】
【取材協力】 【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ