このページの本文へ

Athlon 64/FXユーザーお待ちかね!? Socket754/940対応のアルファ製ヒートシンクが販売開始!

2003年11月27日 23時50分更新

文● HINOMOTO

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
帰ってきたアルファ
Socket754/940対応というだけでなく、アルファ製品としては久しぶりの新モデルた

 Athlon 64/FXユーザーでは待っていた人も多いであろう。アルファから、Socket754/940対応のヒートシンク「U81C-60C」が発売された。また同時に、ファン搭載モデルも2製品発売となっている。



フィンは翼断面形状 ハイブリッド構造
「U81C-60C」。フィンは翼断面形状底面に銅を埋め込んだハイブリッド構造となっている
「PAL8150T」 山洋電気ファン
ファンつきモデル「PAL8150T」も用意されるファンはDELTA製と山洋電気製の2種類

 注目はやはり、Socket754/940対応ヒートシンク単体モデル「U81C-60C」だろう。アルミと銅のハイブリッド構造で、表面はブラックのアルマイト加工が施されている。フィンはウイングフィン、サイズは78.74(W)×104.4(D)×60(H)mmで、重さは604g。ただしヒートシンクのみの状態で販売されてはいるものの、アルファのウェブサイトによると「ケースファンからソケットまでダクトを付ける等をして強制的に冷却する必要があります」とのことで、完全なファンレス運用を想定した製品ではないという点は注意が必要だろう。
 同時に発売された「PAL8150T」は、ヒートシンク部の材質は「U81C-60C」と同様で、サイズは79(W)×105(D)×50(H)mmと若干コンパクト。ファンのメーカーで2つのモデルが用意されており、一つは厚さ25mmのDELTA製8cm角ファン(4000rpm/40dB/46.62CFM)が搭載された「PAL8150M81」、もう一つが厚さ15mmの山洋電気製8cm角ファン(2000rpm/21dB/20.13CFM)を搭載する「PAL8150M82」となっている。販売しているのはDOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館で、価格は「U81C-60C」が3980円、「PAL8150T」が4980円、「PAL8150M81(DELTAファン)」が5480円、「PAL8150M82(山洋電気ファン)」が6280円となっているほか、近々高速電脳にも入荷予定となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ