このページの本文へ

2種類の異なるフィンを組み合わせたアルファ製新型CPUクーラーが登場!

2004年02月14日 22時51分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PAL8952」
アルファから、久しぶりの新型CPUクーラー「PAL8952」が登場

 アルファから、久しぶりの新型CPUクーラー「PAL8952」が登場した。Pentium 4に対応し、従来製品からヒートシンク形状を変更したことにより性能が向上しているという。



「PAL8942」 「PAL8952」
従来モデル「PAL8942」。フィン形状は6角柱新型「PAL8952」。外側が4角柱、中心が円柱
1cm高く 山洋電気製ファン
ヒートシンクの高さも1cm高くなっている「S-PAL8952M82」に付属する山洋電気製ファン。このほかDELTA製ファンモデルも用意される

 同社のPentium 4対応製品の従来モデル「PAL8942」と比較すると、まずヒートシンクのフィン形状が「PAL8942」が6角柱だったのに対し、「PAL8952」では外側が角柱、中心部が円柱という2種類の組み合わせになったのが大きな違い。ヒートシンクの高さも、「PAL8942」の42mmから1cm高い52mmとなっている。これらの変更により、同社のウェブサイトの情報を見る限り約5%ほど冷却性能が向上しているようだ。
 銅とアルミのハイブリッド構造は変わらず、マザーボードへ直接ねじ止めする形式。ヒートシンクのサイズは78.5(W)×90(D)×52(H)mm。本日入荷したCUSTOMではヒートシンクのみのモデル「S-PAL8952T」と山洋電気製8cm角15mm厚ファン(2000rpm/21dB)をセットにした「S-PAL8952M82」の2種類が販売されており、価格はそれぞれ4480円、6280円。なおこのほかDELTA製8cm角25mm厚ファン(4000rpm/40dB)をセットにしたモデル「S-PAL8952M81」も用意されている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ