このページの本文へ

アルファ製のCPUクーラーにオプション登場!エアインテークとファンが限定数販売開始!

2002年10月21日 23時30分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PAL8045シリーズ用の「KD-8045AI」とPAL8942シリーズ用「KD-8942AI」山洋電気製ファンとNidec製ファン

 エアインテークをヒートシンクに被せたアルファのPentium 4用「PAL8942」シリーズとAthlon用「PAL8045」シリーズに、オプション製品が登場した。
 PAL8942シリーズ用のインテーク「KD-8942AI」はカバーの高さを標準搭載製品の約17mmから21mmに伸ばしたもの(編集部実測)。PAL8045シリーズ用の「KD-8045AI」は16mmから26mmに伸ばした製品だ(編集部実測)。高速電脳と長尾製作所の企画製品だが、ショップによるとインテークの高さを変えることでエアフローに変化をつけ冷却効率をアップさせたものとのこと。



標準搭載されているインテーク従来製品のインテークと高さを比較

 同製品は680円で単体販売されているが、専用ファンとのセットも用意。そのファンは山洋電気の「109R0812T4C132」とNidec製が用意されている。Nidec製についての詳細は不明だが、109R0812T4C132は超静音の温度可変をウリにしており、800~2000rpmで回転数が変化するという。
 セット商品の方は3880円となっており、どちらも50個の限定。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ