このページの本文へ

アイ・オー・データ機器とPanasonicの新型記録型DVDドライブの予約が早くも開始に

2003年07月23日 23時12分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポップの型番は間違い
DVD-RAMの書き込みが2倍速から3倍速になったPanasonic「LF-M621JD」

 記録型DVDドライブの新製品、アイ・オー・データ機器「DVR-ABH4」とPanasonic「LF-M621JD」2つの予約が早くもTSUKUMOeX.ではじまっている。中でもDVR-ABH4は、全てのDVD書き込みフォーマットに対応した注目の製品だ。



DVR-ABH4
全てのDVD書き込みフォーマットに対応したアイ・オー・データ機器「DVR-ABH4」

 「DVR-ABH4」は、日立LGデータストレージのドライブ「GSA-4040B」を採用した製品で、全てのDVD書き込みフォーマットに対応したのが特徴だ。DVD-RAMの書き込みが3倍速になったほか、DVD±R書き込みがそれぞれ4倍速、DVD-RWの書き換えが2倍速、DVD+RWの書き換えが2.4倍速、CD-Rの書き込みが24倍速、CD-RWの書き換えが16倍速となっている。読み込み速度は、DVDが最大で12倍速、CDが最大で32倍速となる。またソフトには、書き込みソフトに「B's Recorder GOLD5 BASIC」、パケットライトソフトに「B's CLiP5」、DVD再生ソフトに「PowerDVD XP」、オーサリングソフトに「Ulead DVD MovieWriter 2.0 SE」、編集ソフトに「Ulead VideoStudio 7 SE」などが付属する。
 日立LGデータストレージのGSA-4040Bを採用した製品は、他社メーカーからも発売されると思われるが、今年の記録型DVDドライブでは“大本命”といっても過言ではない製品だ。発売後の人気も期待できるだろう。今回予約受け付けをはじめたTSUKUMOeX.では、価格は2万9799円となっている。

 一方Panasonic「LF-M621JD」は、現在人気の「LF-D521JD」の後継モデルだ。スペックは、そのLF-D521JDと比べてDVD-RAMの書き込みが2倍速から3倍速になったほか、DVD-R書き込みも2倍速から4倍速にアップしている。その他仕様は、DVD-RW書き換え1倍速、CD-R書き込み最大12倍速、CD-RW書き換え最大8倍速となり、読み出し速度はDVD-ROMが最大12倍速、CD-ROMが最大32倍速と変わっていない。付属ソフトには、書き込みソフトに「B's Recorder GOLD5 BASIC」、パケットライトソフトに「B's CLiP5」、DVD再生ソフトに「WinDVD 4」、編集ソフトに「DVD-MovieAlbumSE 3」などが付いてくる。なお今回の製品もDVD-RAMはカートリッジ方式に対応している。TSUKUMOeX.では予約を受け付け中で入荷日を8月23日としているが、価格は未定となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ