このページの本文へ

初の書き込み8倍速DVD±RWドライブ!プレクスター「PX-708A」が予約受付開始

2003年07月10日 21時20分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
 
やっと発売

 本日発表されたばかりのプレクスター製8倍速書き込み対応DVD±RWドライブ「PX-708A」の予約受付が早くもTSUKUMO eX.で始まった。予価は3万2799円となっている。

 最大8倍速なのはDVD+R書き込みのみで、+RW書き換えは最大4倍速、-R書き込みは最大4倍速、-RW書き換えは最大2倍速。その他のスペックもDVD-ROM読み出し最大12倍速、CD-R書き込み最大40倍速、CD-RW書き換え最大24倍速、CD-ROM読み出し最大40倍速と高速で、CD-RW/DVD-ROMコンボドライブと肩を並べる水準だ。バッファ容量は2MB。バッファアンダーラン防止機能“ロスレスリンキング技術”、メディアに応じた最適な書き込みを行う“PowerRec”機能など搭載。同梱ソフトはDVDオーサリングソフト「「PowerProducer2 DE」、ソフトウェアDVDプレーヤ「PowerDVD」、ライティングソフト「B's Recorder GOLD Basic」、パケットライティングソフト「B's CLiP5」、などとなっている。
 最速の記録型DVDドライブというだけでなく、CD-RWドライブとしても高速、かつ価格も現行の4倍速DVD-RWドライブ程度ということで、人気を呼ぶことは間違いないだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ