このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(6月29日号)『日本IBM、中小企業向けにDB2のフル機能を低価格で提供』

2003年06月29日 22時13分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今回は予想通り、『【2003 JavaOne Conference Vol.5】ここだけで読める“JavaOne”見聞録』の記事に関心が集まったが、2位の『日本IBM、中小企業向けにDB2のフル機能を低価格で提供』も注目度が高かった記事。中小規模での利用を前提として10万7100円から提供するもので、業務の拡大時には、他のDB2 UDBエディションへの移行も可能だ。一方、サイボウズも中小規模向けウェブグループウェア“サイボウズ Office/AG”シリーズの最新バージョン『サイボウズ Office 6』を今夏に発売すると発表した

『サイボウズ Office 6』

また、SAPはサプライチェーン・マネジメント(SCM)ソフトウェア『SAP SCM 4.0』と、顧客関係管理(CRM)ソフトウェア『SAP CRM 4.0』を発表した。SAP SCM 4.0は、生産/調達/物流/販売という一連の業務プロセスを管理するSCMの手法を、企業の内部だけでなくサプライヤーから小売店までのサプライチェーン全体に適用可能なSCMソフトウェアで、SAP CRM 4.0は、CRMのコア機能に加えハイテク/自動車/医薬など、23業界に向けた業界特有のコンポーネントを搭載したCRMソフトウェアだ。25日にはマイクロソフト(株)から『Microsoft Windows Server 2003』パッケージ製品が販売開始となったが、同社は期間限定でWindows Server 2003の専任コンサルタントを販売店店頭に配置する“Windows Server 2003 導入相談コンサルティングサービス”を実施すると発表した

『SAP CRM 4.0』。各社のSAP CRMの上で業界固有のプロセスが稼動している

10位にぎりぎりランクインした記事としては、ドアロックシステムのほか、金庫、医療用機器、分析機器などのセキュリティー製品などへ導入が考えられている組込み用指紋認証モジュール『FDA02』の記事がある。前バージョンの『FDA01』での照合のスピードがスタンドアロン環境で実測毎秒約28人であったものが、毎秒約230人となり、約800%の高速化が可能になるという。消費電力は『FDA01』に比較して約40%低減されているなどの特徴がある。

ランク 先週 掲載日 タイトル
1 10 06月19日 【2003 JavaOne Conference Vol.5】ここだけで読める“JavaOne”見聞録
2 - 06月25日 日本IBM、中小企業向けにDB2のフル機能を低価格で提供
3 3 06月18日 サイボウズ、“サイボウズ Office/AG”シリーズの最新バージョン『サイボウズ Office 6』を今夏に発売
4 06月05日 NTTドコモの『SO505i』、文字入力の一部機能に不具合――ソフトの無償バージョンアップを予定
5 - 05月28日 ソニー、『プレイステーション2』とHDD/DVDレコーダーを併せ持つ『PSX』を発表――事業戦略説明会において
6 - 06月24日 SAPジャパン、SCM/CRMシステムの新製品『SAP SCM 4.0』と『SAP CRM 4.0』を発表
7 6 04月18日 JR東海とNTT-ME、新幹線“のぞみ”停車駅の公衆無線LAN実験のモニター募集を開始
8 06月23日 マイクロソフト、“Windows Server 2003 導入相談コンサルティングサービス”を実施
9 - 06月20日 コムテック コンサルティングとゼンド、OracleからPostgreSQLへシステムを移行する“オラクル・コンバート・サービス”を開始
10 - 06月24日 日本セキュアジェネレーション、ID入力なしでも認証が可能な組込み用指紋認証モジュール『FDA02』を発売

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ