このページの本文へ

Abitからも“i875P”搭載マザーボード!「IC7-G」と「IC7」が同時に登場

2003年04月25日 20時57分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「IC7-G」 チップセットクーラー
「IC7-G」チップセットクーラーに「FanEQ」と文字の入った変わった形状のものを使用
各種オンボードインターフェイス CSAによるギガビットイーサネット
サウンド、IEEE1394、Silicon Image製チップによるS-ATA RAID機能などを搭載CSAによるギガビットイーサネットを装備
S/PDIFを入出力装備 イーサネットなし
バックパネルのコネクタにS/PDIFを入出力を備えてる点も特徴IC7は最近のマザーボードではめずらしくイーサネット機能を搭載しない
CSAの空きパターン パッケージ
CSAの空きパターンがみえるパッケージは従来の同社製の印象と随分違う

 各社から続々と発売されている“i875P”搭載マザーボードだが、本日Abitから「IC7-G」と「IC7」が登場した。上位モデルのIC7-GはCSAによるギガビットイーサネットを装備し、これは先日発売されたGigabyte「GA-8KNXP Ultra」「GA-8KNXP」に続く製品となる。

 外観で目を引くのはチップセットに搭載されているクーラーで、「FanEQ」と文字の入った変わった形状のものを使用している。拡張スロットはAGP Pro×1、PCI×5、デュアルチャネルDDR対応DIMM×4(メモリはPC3200を4GBまで搭載可能)という構成。オンボードインターフェイスにはCSAによるギガビットイーサネット機能のほかにはサウンド、IEEE1394、Silicon Image製チップによるSerial ATA RAID機能となっている。さらに組み合わされるSouth Bridgeには“ICH5R”を採用しているため、こちらでもSerial ATA RAID機能をサポートする。他にバックパネルのコネクタにS/PDIFを入出力を備えてる点も特徴だろう。なお同社サイトによるとBIOSから各種オーバークロック設定が可能な「SoftMenuテクノロジー」も搭載するようだ。価格はコムサテライト3号店で2万6800円、スーパーコムサテライトで2万7480円、 TSUKUMOeX.で2万9779円となっている。

 また同時に発売された下位モデルのIC7は最近のマザーボードでは珍しくイーサネット機能を搭載しない製品となっている。オンボードインターフェイスにはサウンド、IEEE1394と“ICH5R”によるSerial ATA RAID機能のみというシンプルな構成だ。価格はスーパーコムサテライトで1万8980円、コムサテライト3号店で1万9200円、TSUKUMOeX.で2万799円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ