このページの本文へ

OSDNジャパン、ニュースサイト“japan.Linux.com”を開始

2003年04月15日 15時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

VA Linux Systemsジャパン(株)のOSDN事業部であるOSDNジャパンは、15日付でニュースサイト“japan.linux.com”を正式に開始した。

“japan.linux.com”は、米OSDNが運営する“Linux.com”の単純な日本語版ではなく、独自のサイト構成になっている。コンテンツは“エンタープライズ”“デスクトップ”“カーネル”“セキュリティ”“オープンソース”という5つのトピックに分類され、最新ニュースや技術情報、オープンソースのトレンド解説といったコンテンツを用意している。ニュースの多くは(株)コンピュータ・ニュース社の“ビジネスコンピュータニュース(BCN)”からの提供を受けているが、そのほかは、Linux.comの翻訳に加えて国内独自の記事も提供されている。

OSDNジャパンは、コミュニティサイト“スラッシュドット ジャパン”ソフトウェア開発環境サービス“SourceForge.jp”などを提供している。今回の“japan.linux.com”開始で、これまでのユーザー層に加えて、ビジネスシステムにLinuxの導入を検討しているユーザー層に対する情報提供窓口としての役割を担うことになるとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ