このページの本文へ

153人をレイオフ

VA Linux、ハードウェア事業から撤退

2001年06月29日 15時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米VA Linux Systemsは現地時間27日、2001年7月10日をもってハードウェア事業から完全に撤退すると発表した。また同時に、全社員の約35%にあたる153人をレイオフすると発表した。

今後は、企業の共同ソフトウェア開発プロジェクトを支援する『SourceForge OnSite』サービスを事業の柱とする。また、ストレージデバイスやリモートサーバ管理用のLinuxソフトウェア開発、コンサルティングサービスを行なっていく。

Slashdot」、「SourceForge」、「Freshmeat」など、同社が出資する一連のOpen Source Development Network(OSDN)サイトは継続する。

リリースによると、「ハードウェア事業からの撤退によって、売り上げは大幅に減少するが、資金の流出も減少すると期待している。当初は四半期で800万ドル、将来的にはそれ以上の節約を見込んでいる。」とのことだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ