このページの本文へ

Abitから初の内蔵VGA機能をもつ“nForce2-IGP”搭載のマザーボード「NF7-M」が発売

2003年03月01日 22時22分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「NF7-M」

 Abitから同社初の内蔵VGA機能をもつ“nForce2-IGP”を搭載したマザーボード「NF7-M」が登場した。(AbitからはVGA機能のない“nForce2-ST”搭載マザーボード「NF7-S」がすでに発売されている)。



同社初の内蔵VGA機能をもつ“nForce2-IGP”を搭載したマザーボード
ラインアップ
変更点はスタンダードモデルNF7と搭載するチップセットがちがうところ
価格
今回のNF7-Mの発売 により同社の“nForce2”を搭載したマザーボードは全て発売されたことになる

 NF7-Mは型番に“M”が入るが、フォームファクタはATX。既存のモデルとの変更点はオンボードインターフェィスが10/100Baseイーサネット、オーディオのみのスタンダードモデルNF7と搭載するチップセットがちがうところのみだ。仕様はAGP×1(AGP 8X 対応)、PCI×5、DDR DIMMスロット×3という構成で、対応メモリはPC2700(DDR333)最大3GBまでのほかPC3200(DDR400)の場合は最大2GB2スロットまでとしている。オーバークロック機能のほうもNF7と同じでマニュアルによると、FSBが100~237MHzの間で設定可能としているほか、AGP電圧が66~99MHzの間を1MHz刻みで設定が可能となっている。今回のNF7-Mの発売により同社の“nForce2”を搭載したマザーボードは全て発売されたことになる。価格はコムサテライト3号店で1万4890円、スーパーコムで1万4980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ