このページの本文へ

人気の“nForce2-G”採用MicroATXマザーボードがAlbatronから

2003年03月27日 20時26分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
nForce2-G(IGP+MCP)
「KM18G Pro」
MCP
上位モデルの“nForce2-GT(IGP+MCP-T)”を採用した「KM18G ProII」もあるようだ
メモリスロット
メモリスロットはDual ChannelとSingle Channelでわかりやすく緑と紫で色分けされている

 AlbatronからVGA機能内蔵の“nForce2-G(IGP+MCP)”を採用したMicroATXマザーボード「KM18G Pro」が登場した。VGA機能内蔵の“nForce2”搭載MicroATXマザーボードは、ほかにもAOpen「MK79G-N」Chaintech「7NIF2」Leadtek「K7NCR18GM」などがすでに発売されている。

 主な仕様は拡張スロットにAGP×1、PCI×3、DDR DIMM×3という構成。メモリはDDR400(PC3200)まで対応するがそのDDR400使用時にはオンボードVGA機能が使えないほか、Dual Channel使用時には2GBまでという制限付きだ(Single Channelでは3GBまで)。なおメモリスロットはDual ChannelとSingle Channelでわかりやすく緑と紫で色分けされている。その他オンボードインターフェイスはVGA機能のほかにサウンド、10/100Baseイーサネットとなる。またマニュアルによるとFSBが100~200MHzの間で設定可能という記述も見えるほか、上位モデルの“nForce2-GT(IGP+MCP-T)”を採用した「KM18G ProII」もあるようだ。価格はOVERTOPで1万4480円、スーパーコムサテライトで1万4680円、TSUKUMOeX.で1万4779円、T-ZONE.PC DIY SHOPとT-ZONE.AKIBA PLACEで1万4980円となっている。現在、秋葉原のマザーボード市場では人気のあるVGA機能内蔵の“nForce2”搭載Micro ATXマザーボードだけに注目の製品かもしれない。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ