このページの本文へ

UnitedLinux、“CGL 1.1”対応の通信分野向けLinux提供を発表

2003年01月17日 17時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米UnitedLinuxは、米Hewlett Packard、米IBM、米Intelと共同で、同社のディストリビューション『UnitedLinux V1.0』に“CGL 1.1”(Carrier Grade Linux)に準拠した機能を追加することを発表した。

“CGL 1.1”は、米OSDLが提唱している通信事業者向けLinuxのための機能要件。LSBやPOSIXに準拠すること、IPv6への対応、デバイスのホットスワップサポート、ウォッチドッグタイマーのサポート、カーネルデバッグ機能のサポート、ソフトリアルタイムサポートなどの機能要件が挙げられている。

米UnitedLinuxは、これらの機能を『UnitedLinux V1.0』に対するサービスパックとして2003年第1四半期に提供するとしている。これにより、通信キャリアは開発期間を短縮できるようになるとともに、低価格なIAベースのハードウェアで信頼性が高いサービスを提供することが可能になる。

カテゴリートップへ

ピックアップ