このページの本文へ

UnitedLinux、ゼネラルマネージャにPaula Hunter氏の就任を発表

2002年09月20日 19時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米UnitedLinuxは、ゼネラルマネージャにPaula Hunter氏が就任したことを発表した。また、米UnitedLinux設立ベンダー各社のBoard of Managerを発表した。

Paula Hunter氏は、以前はASP向けアプリケーション管理ツールなどを販売していた米Xevoのマーケティング担当Vice Presidentとして、同社のマーケティングや市場戦略を担当していた人物であり、UnitedLinux設立ベンダーのいずれからも独立した企業からの出身者だ。

ゼネラルマネージャを補佐する役割のBoard of Managerについては、独SuSE Linux、ブラジルConectiva、米SCO Group、ターボリナックス(株)から各1名ずつが参加している。

  • 独SuSE Linux代表 Gregory Blepp氏
  • ブラジルConectiva代表 Gordon K. Ho氏
  • 米SCO Group代表 Andy Nagle氏
  • ターボリナックス(株)代表 土居史子氏

また、現在ハードウェアベンダーによる動作検証を目的としたプライベートベータ版が提供されているが、ソフトウェアがある程度安定動作してきたことから、9月23日よりパブリックベータとして公開されることが発表された。UnitedLinuxのWebサイトよりダウンロード可能になるという。

カテゴリートップへ

ピックアップ