このページの本文へ

ミノルタ、5万円を切る35mm/APS対応フィルムスキャナー『DiMAGE Scan Dual III』を発売

2002年10月31日 23時13分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミノルタ(株)は31日、35mm/APSフィルムに対応し、ソフトウェアによるほこり除去や自動画像補正機能を搭載した低価格フィルムスキャナー『DiMAGE Scan Dual III』を11月15日に発売すると発表した。価格は4万4800円で、従来のDiMAGE Scan Dual IIよりも2万円引き下げられている。

『DiMAGE Scan Dual III』
『DiMAGE Scan Dual III』

DiMAGE Scan Dual IIIは、ネガ/ポジフィルムを最高解像度2820dpiで取り込めるフィルムスキャナーで、解像度は従来機から変更ないが、

  • RGB各色12bit(4096階調)から16bit入出力に強化、さらに暗部のノイズを軽減するため最高8回の“マルチサンプルスキャニング”に対応
  • パソコンとのインターフェースをUSB 1.1(最高12Mbps)からUSB 2.0(最高480Mbps)に高速化
  • 古くなって色褪せたフィルムやブロアーで吹き飛ばせない細かいほこりをソフトウェア処理で補正する機能(※1)をドライバーに搭載
  • 初心者にも使いやすくするため、専門用語を極力省き、操作手順がワンステップずつ表示されるウィザード方式の“簡単スキャンユーティリティー”を付属

※1 ソフトウェア補正機能 上位モデル『DiMAGE Scan Elite II』や『同 Multi Pro』に搭載されている、補正/ほこり・キズ除去を専用ハードウェアで行なう“Digital ICE3”とは異なり、大きなほこりやフィルム上のキズの補正はできない。

などの機能強化点がある。このほか、内部処理速度の向上により、従来と同じUSB 1.1接続でも約33%の高速化が図られている(同社調べでは約60秒⇒約40秒、USB 2.0接続なら同じ条件で約30秒で済むという(※2))。なお、APSフィルムをスキャンする場合には、別売のAPSアダプター『AD-10』(1万4800円)が必要な点は従来と同様。

※2 同社のテスト環境 CPUはPentium 4-1.50GHz、メモリー512MB、空きHDD容量2.75GB、USBインターフェースは(株)メルコ『IF-USB2P5』、OSはWindows Meで、Adobe Photoshop 7.0からスキャンしたもの。

対応OSはWindows 98/Me/2000/XP、Mac OS 8.6~9.2.2、Mac OS X v10.1.3~10.1.5/10.2.1。動作確認済みアプリケーションは、Adobe Photoshop 5.5以上/Adobe Photoshop Elements Ver.1.0.1(Windows/Macintosh)/Paint Shop Pro 7.0/Corel PHOTO-PAINT 10.0(Windowsのみ)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン