このページの本文へ

Intelから初の“i845GV”搭載マザーボードが発売開始

2002年10月23日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
D845GVAD2L

 Intelから初の“i845GV”チップセット搭載マザーボード「D845GVAD2L」が発売された。i845GVは、Intelより10月8日に“i845PE”や“i845GE”と共に発表されたもので、従来の“i845GL”の後継という位置づけとなる。チップ内蔵グラフィックのみで、AGPスロットは備えないなど基本的な特徴はi845GLと同じだが、それに加えて従来のFSB400MHz対応からFSB533MHzまでサポートするようになったのが変更点だ。



MicroATX
PCI4本

 フォームファクタはMicroATXで、メモリはDDR SDRAM PC2100(DDR266)まで対応し最大2GBまで搭載可能。AGPスロットはないかわりに、その分PCIスロットが4本と他のMicroATXマザーボードより1本多くなっているのが目を引く。Intel製らしくAC'97オーディオと10BASE-T/100BASE-TXイーサネット機能のみがオンボードというシンプルな構成となっている。なお同社サイトによると、LAN機能を省いた「D845GVAD2」というモデルもあるようだ。価格はコムサテライト2号店で1万4480円、コムサテライト3号店で1万4780円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ