このページの本文へ

LGA775対応の廉価版チップセット“i910GL”搭載マザーがインテルから!

2004年12月17日 22時06分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LGA775に対応する“i910GL”チップセットを搭載するマザーボードが登場した。初の搭載製品となったのは、インテル製MicroATXマザーボード「D910GLDW」だ。

「D910GLDW」
“i910GL”を搭載する初のマザー、インテル製「D910GLDW」

 “i910GL”は、“i915”シリーズとは異なりPCI Express x16をサポートせず、PCI Express x1だけを搭載する。グラフィックカード用スロットを持たず、North Bridge内蔵のグラフィック機能のみという意味において、AGP非サポートの“i810”“i845GV”“i865GV”の系譜に連なるチップセットといえる。今後は、どちらかと言えば自作市場よりメーカー製PCで多く見かけることになるであろう。
 LGA775のほか、Socket 478もサポート。FSBは533MHzまでだが、Hyper-Threading、デュアルチャネルDDR400には対応しており、最大メモリ容量は2GB。グラフィックコア“GMA900”を内蔵する。South BridgeはICH6/ICH6Rのいずれかで、Serial ATAポートは4つまで(ICH6RではRAID対応となる)。

 今回登場した「D910GLDW」は、PCI Express x1×1のほか、PCIスロット2本を装備。DIMMスロットは2本。6チャンネルオーディオ、10/100BAST-TX対応イーサネットがオンボードで、IEEE1394はなし。価格はフェイスで1万670円、TWOTOP秋葉原本店で1万680円。

“i910GL” パッケージより
“i910GL”はPCI Express x16をサポートせず、PCI Express x1のみ。オンボードグラフィックのみの廉価版チップセットだフォームファクタはMicroATX。6チャンネルオーディオ、10/100BAST-TX対応イーサネットがオンボード
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ