このページの本文へ

【速報】i845マザーがついにフライングでデビュー!第1弾はSupermicroとEPoXから!!

2001年08月21日 20時57分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EP-4B2A/+

 先週末から展示や動作デモの行われていた、i845チップセット搭載のマザーボードがついにアキバで販売開始となった。Intelからはi845チップセットについてのリリースはなく、またしてもフライング販売となる。第1弾となったのはSupermicro「P4SBA」とEPoX「EP-4B2A/+」。先週販売の始まったi850マザーボード「TH7II」と同じく、今週入荷すると噂されるものの、未だ現れていない478ピン版Pentium 4の登場を待たずデビューしたことになる。



FW82845
“FW82845”

 i845は、MCH“FW82845”とICH2“FW82801BA”の組み合わせからなるチップセット。μPGA478ピンソケットを搭載し、コンパクトフラッシュ大の大きさとなったμPGA478ピン版Pentium 4に対応するのが最大の特徴だ。また、従来のPentium 4用マザーボードとは異なり、SDRAM/DDR SDRAMをサポートする。ただし、当面はPC133 SDRAMにしか対応しないマザーボードしか登場しない見込みで、今回登場した両製品もDDR SDRAMには対応していない点には注意したいところだ。



ブロックダイアグラム
EP-4B2A/+のマニュアルに掲載されているi845マザーボードのブロックダイアグラム
SDRAM用DIMMスロット
DIMMスロットは、当面(今年中?)はSDRAMしかサポートしないと言われている

Supermicro「P4SBA」にはCPUクーラー付属

P4SBA
「P4SBA」

 さてSupermicroの「P4SBA」だが、これは必要最低限の機能だけを持つ、いたってシンプルな仕様の製品となっている。拡張スロットはAGP Pro×1、PCI×6、CNR×1で、DIMMスロットは3本(最大3GB)。注目は同梱のFoxconn製CPUクーラーで、μPGA478ピン版Pentium 4に対応したCPUクーラーが市場に出るのはこれがはじめて。先週登場した、リテールクーラーと思われるCPUクーラーよりは小ぶりな印象を受けるが、それでもかなり大きい。クーラーのスペックは、入荷し2万1800円で販売しているぷらっとホームでも「まだ試していない」うえ、マニュアルにも記述がないため現段階では不明。


Foxconn製のCPUクーラー。形状から察するに、取りつけ方も先週登場したクーラーとは若干異なるようだ
CPUクーラーCPUクーラー

オーバークロック設定豊富なEPoX「EP-4B2A/+」

EP-4B2A/+
「EP-4B2A/+」

 対照的に「EP-4B2A/+」はEPoXらしい、オーバークロック機能が豊富なマザーボードだ。FSB設定クロックは100~200MHzの範囲を1MHz刻みで設定可能。またVCoreは1.65V~1.85Vの範囲を0.025V刻み、AGP電圧は1.50~1.54Vの範囲を0.01V刻み、DIMM電圧は3.3~3.7Vの範囲を0.1V刻みで変更できる。また、AGP/DIMMスロットの動作クロックも設定可能だ。ただし、EPoXお馴染みのPOSTコード表示用LEDは装備していない。



オーバークロック機能
各種オーバークロック機能はBIOSから設定可能となっている

 拡張スロットはAGP×1、PCI×6、CNR×1で、3本のDIMMスロットは最大3GBのSDRAMを搭載可能だ。価格はOVERTOPで1万9800円、コムサテライト3号店で1万9980円となっている。

パッケージは最近のEPoX製マザーボードに多い“引き出し”タイプ(左上)。本当に引き出しとして利用でき、引き出しの作り方についての説明書まで同梱している(右上)。また、パッケージにはあらかじめ、引き出しを作るための切れ目などが入っている(下)
引き出しパッケージ引き出しパッケージ
引き出しパッケージ引き出しパッケージ

 CPUが未だ登場していないこともあり、入荷量はどちらも少量。明日以降も各社からi845マザーボードは続々登場予定だが、Penitum 4の持つ3.2MB/秒に対して1.064MB/秒しか帯域幅のないPC133 SDRAMしかサポートとしない現行i845マザーボードが人気となるかどうか懐疑的なショップ担当者が多いため、実際に478ピン版Pentium 4が潤沢に流通するまでは、各店様子見といった状態が続くかもしれない。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ