このページの本文へ

こちらはフライング!478ピン版Pentium 4-1.7GHzが販売開始!!

2001年08月23日 19時37分更新

文● 小磯

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Pentium 4-1.7GHz

 μPGA478ピンソケットに対応する478ピン版のPentium 4がアキバに登場した。先週の段階ですでに今週登場の噂は流れていたものの、Intelからのリリースは特になく、またしてもアキバ名物の完全なフライング販売となる。21日からのi845チップセット搭載マザーボードのフライング登場ラッシュに引っ張られるかのようなデビューとなった。



CPUクーラー
17日に紹介した、リテール品と思われるCPUクーラー。おそらくこれを同梱していると思われる

 今回、店頭に並んだのは1.7GHzのリテールボックス品。正面から見たところでは従来のPentium 4リテールボックスと変わらないように見えるが、パッケージの厚みは約16mmほど増し、全体的にパッケージが大きくなった印象を受ける。厚みを増したのは、17日の記事で紹介したリテール品と思われる巨大なCPUクーラーを同梱するためだろう。


PGA423ピン版Pentium 4との比較。正面から見ると同じに見えるが、側面から見るとその違いは明らか。なお右はμPGA478ピン版Pentium 4のパッケージ裏面。ピン数以外の表記は従来と同じである
比較比較スペック
μPGA478ピン版Pentium 4
μPGA478ピン版Pentium 4

 さてこの478ピン版Pentium 4だが、これは「Willamette-478」と呼ばれていたCPUだ。製造プロセスをはじめとして主な仕様は現行のPGA423ソケット版Pentium 4(Willametteコア)と同じ0.18μmで、パッケージを新型のμPGA478ソケットに対応させたPentium 4である。FSBは400MHzでL2キャッシュが256KBというのは従来どおりだが、23日現在では、駆動電圧がPGA423ソケット版Pentium 4-1.7GHzと同じ1.75Vなのかどうかは不明。なお、S-Specは「SL5N9」となっている。また、i845マザーボードの登場にあわせてメモリ(RDRAM)のバンドルを終了したことにより、型番や製造週の記載されたシール上からメモリに関する記述は省略されている。



SL5N9
S-Specは「SL5N9」
皆様お待ちかねの…

 実売価格は3万8800円~4万3800円。26日に予定されていると言われるPentium 4の価格改定で売価は2万円台まで下がると見込まれているだけに、この価格は“数日限りの初値”といったところ。値下がり、広範に出回るだろう来週が実質的な478ピン版Pentium 4のデビューとなりそうだ。ただし、数日間を待ちきれなくなった人を中心に売れ行きは好調のようで、すでに完売のショップも確認できた。


23日現在の価格情報
価格ショップ
\38,800BLESS 秋葉原本店
\43,800コムサテライト3号店
若松通商エルプラザ(完売)
若松通商LAN/PLAZA
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ