このページの本文へ

シーゲイト、流体軸受モーター搭載HDD『Barracuda ATA IV』を発表

2001年07月02日 22時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米シーゲイト・テクノロジー(Seagate Technology)社は現地時間の6月27日、流体軸受けモーターを搭載したハードディスク『Barracuda ATA IV』を発表した。

『Barracuda ATA IV』は、同社の“SoftSonic”流体軸受けモーターを採用しており、特別な検索アルゴリズムや機械的な設計によって、動作音はスピン時で2.0B、シーク時2.4Bと、『Barracuda ATA III』のアイドリング時3.3Bに比べて低減することに成功している。同社によると、人間の耳は通常、2.5B以下の音を聞くことができないため、『Barracuda ATA IV』は「無音のハードディスク」だという。

回転数は毎分7200回転でシークタイムは8.9ミリ秒、内部転送レートは最大555Mbps、キャッシュメモリーを2MB搭載する。インターフェースはUltra ATA/100。容量は、プラッター2枚で最大80GBとなっている。

製品の販売・出荷時期や価格などは、現時点では不明。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン