このページの本文へ

CanoScan FS4000US

CanoScan FS4000US

2001年05月16日 13時03分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノン販売(株)は、35mm/APSに対応するフィルムスキャナ「CanoScan FS4000US」を発表した。

35mm/APSに標準対応するフィルムスキャナ「CanoScan FS4000US」。フロントのスロットに35mmスリーブ/スライドホルダを差し込むほか、フロントパネル(銀色部)を開けてAPSフィルムホルダを装着する。

 CanoScan FS4000USは、35mm/APSフィルム用のフィルムスキャナ。解像度は4000dpiで、階調表現力は14bit入力、14/8bit出力。プレビュー速度は約6秒/コマ、本スキャン速度は8~16msec/line。14bitADコンバータを搭載して階調表現力を高めているほか、フィルムスキャナとしては珍しく電子シャッタを装備し、RGBそれぞれのチャンネルに対して独自に露光蓄積を可能としている。光源には冷陰極線管を使用し、ウォームアップの高速化と輝度安定のための電圧制御回路を搭載。
 赤外線による自動ゴミ&キズ補正機能「FARE」を備え、同社のフィルムスキャン機能付きフラットベッドスキャナ「CanoScan D2400UF」や、(株)ニコンの「COOLSCAN IV ED」「SUPER COOLSCAN 4000ED」のようにフィルム上のゴミやフィルム面のキズを検出して補正を行う機能を持つ。
 35mmスリーブ(6コマ)、35mmスライドマウント(4コマ)、APSフィルムカートリッジ(24/40コマ)に対応し、それぞれのフィルムを各ホルダ(3種類とも標準付属)に装着したのちにスキャナ本体にセットする方式を採用し、フィルムは自動でコマ送りされる。インターフェイスはUSB1.1およびSCSI×2。
 対応OSはWindows 98/Me/2000、Mac OS 8.6~9.1。TWAINドライバおよびプラグインドライバ、フォトレタッチソフトの「Adobe Photshop 5.0LE」、画像管理ソフトの「Arcsoft PhotoBase」、画像レイアウトソフトの「Canon Image Browser」が付属する。本体サイズは92(W)×368(D)×144(H)mm、重量は約2.4kg。
 価格は9万8000円で、5月下旬発売予定。

キヤノン販売(株)
問い合わせ先 お客様相談センター 0570-01-9000



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン