このページの本文へ

WonderBJ S630/WonderBJ S6300

WonderBJ S630/WonderBJ S6300

2001年05月11日 12時58分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノン販売(株)は、現行の「WonderBJ S600」を高速化し、モノクロ17枚/秒、カラー12枚/秒の印刷速度を持つA4インクジェットプリンタ「WonderBJ S630」とともに、同じ印刷エンジンを搭載してA3サイズに対応した上位機「同 S6300」を発表した。

さらに高速化が図られたA4インクジェットプリンタ「WonderBJ S630」。

 S630は、現行のS600をベースとして給排紙機構を改良している。印刷工程そのものは同程度の速度ながら、印刷速度はS600のモノクロ15枚/分、カラー10枚/分から、それぞれ17枚/分、12枚/分となった。本体外観ははS600とほぼ同一だが、本体色はブルーグレー系のツートーンカラーとメタリック風カバーパネルに変更されている。
 印刷エンジン部はS600と同一の構成で、印刷解像度は最高2400×1200dpi、双方向印刷時に画質が低下しない左右対称のノズル構成を採用する。インクはCMYKの4色(染料系)で、全色独立のインクタンクを搭載。  本体サイズは430(W)×294(D)×177(H)mm、重量は約5kg。インターフェイスはUSBおよびパラレルで、対応OSはWindows 98/Me/2000、Mac OS 8.1~9.x。
 価格はS600(4万9800円)よりも5000円高い5万4800円で、5月18日発売。



A3ノビに対応し、高速な印刷速度からビジネス向けにも適しているA3インクジェットプリンタ「WonderBJ S6300」。

 S6300は、S630と同じ印刷エンジンを搭載しつつもの対応用紙をA3ノビとした上位機種。印刷速度(A4用紙の場合)は、S630と同じモノクロ17枚/分、カラー12枚/分。
 印刷解像度そのほかの仕様はS630と同様で、本体サイズは573(W)×335(D)×194(H)mm、重量は約7kg。
 価格は7万4800円で、5月18日発売。

キヤノン販売(株)
問い合わせ先 お客様相談センター 0570-01-9000/043-211-9330(携帯電話、PHSの場合)



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン