このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

iPAQ Pocket PC H3630

iPAQ Pocket PC H3630

2001年04月18日 13時45分更新

文● 行正

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPAQ Pocket PC H3630

コンパックコンピュータ

5万9800円(ダイレクトプラス価格)

  • http://www.compaq.co.jp/
  • ハンドヘルドPCサポートセンター 0120-178589
  • コンパックダイレクト 03-5953-9001

コンパックコンピュータの「iPAQ Pocket PC H3630」は、独特の「ジャケットシステム」により、CFカードやPCカードの利用も可能となるPocket PCマシンだ。

シルバーボディに高機能がぎっしり

 iPAQ Pocket PC H3630は、CPUにStrongARM-206MHzを採用し、メインメモリ(ユーザーメモリ)は32MBで、上位モデル「H3660」は64MBのメモリが搭載される。OSを含むアプリケーションは別途内蔵する32MBのROMに載っている。このROMはフラッシュメモリを採用しており、将来的にはOSや内蔵アプリのアップグレードも可能という。液晶表示はは240×320ドット/4096色の反射型TFT液晶で、5段階に輝度が切り替え可能なフロントライトを装備する。液晶上部には輝度センサが装備されており、周囲の明るさで自動的にフロントライトの輝度を変更し、見やすい表示を保てるという一風変わった仕組みが搭載されている。

バックライトの輝度を調節するコントロールパネル。「自動」に設定すると周囲の明るさで自動的に切り替わる。

 そのため、液晶表示に関しては、明るいところでも暗いところでも視認性は良好だ。屋外で歩きながらちょっと日陰に入ったら、フロントライト輝度自動調整機能によってワンテンポ遅れて輝度が変わるのがおもしろい。この機能がうっとうしいのであれば、コントロールパネルから常に一定の輝度を保つようにすることも可能だ。



ジャケットとともにUSBクレードルにセットした状態。

 操作ボタン類としては、液晶上部にある電源ON/OFFスイッチ、左側面にあるレコーダ(ボイスメモ)スイッチのほか、ほぼすべて液晶下部の4つのボタンと1つのカーソルキーがあり、これらでほぼすべての操作が可能だ。4つのボタンは、Pocket PCの標準アプリケーションである「予定表」(スケジューラ)「連絡先」(アドレス帳)と、コンパック独自のアプリケーションである「Qユーティリティ」「Qスタート」をそれぞれ起動する(Qユーティリティ/Qスタートに関しては後述)。センターの丸くて大きなカーソルボタンは、上下左右のカーソルスイッチに加え、まっすぐ押し下げることで「決定」キーとしても利用できる。また、このカーソルの下側にモノラルスピーカが配置されており、カーソルボタンと本体の隙間や、ボタン自体に放射状に設けられたスリットなどにより、音質はPDAとしてはかなりよい。なお、スタイラスは本体上部の挿入孔に格納されており、挿入孔の横にあるポッチを押すと「パチッ」という小気味良い音とともに数cm飛び出してくる。格納する際は単に押し込むだけで固定される。



CF拡張パック(左)と、スロットのないジャケット(右)。幅と長さは変わらないが、CFスロット分だけ厚みが異なる。

 iPAQの最大の特徴であるジャケットシステムは、すでにニュース英語版のレビューでも紹介しているように、CF/PCカードスロットを装備したiPAQのアウターカバーケースだ。英語版では単なるカバーが標準で、カードスロット付きのジャケットはオプションであったが、日本語版ではCFスロット付きジャケットが標準装備となる。ジャケットと本体は本体下部の拡張端子で接続され、ジャケットの脱着は単に本体を引き抜いたり挿し込んだりするだけだ。とくにロック機構は備わっていないが、ジャケット付きの本体を逆さにして振っても本体が滑り落ちるということはなく、実用上問題はないだろう。本体の電源を入れたまま脱着すると、ピッという音とともに一瞬画面にメッセージが表示され、ホットドッキングの完了が通知される。



内蔵ユーティリティの「拡張パック情報」というツール。装着しているのはCF拡張パックだが、PCカード拡張パックなどで利用する「外部バッテリ」という項目がある。

 なお、標準付属のCFスロット付きジャケット「IPP CFカード拡張パック」(5200円)に比べ、PCカードスロット付きの「IPP PCカード拡張パック」が1万5600円と若干高価なのは、単にPCカードスロットを持つだけでなく、PCカードに給電(5V)するためのリチウムポリマ充電池も内蔵しているためだ。



前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン