このページの本文へ

玄人志向から「ちゃんぽんボード」が登場

2001年04月12日 23時05分更新

文● 小板

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ボード

 最近になっていくつかのショップに登場してきた玄人志向シリーズのパーツだが、今回は「ちゃんぽんボード」(正式には「CHANPONボード」と書く:型番IFC-USUP-TX)なるものが登場した。



ボード

 ちゃんぽんとは、複合インタフェースにひっかけてのネーミング。Ultra SCSI、100BASE-TX、USBといったインターフェイスを1枚のボードに搭載している。基板を見ると、SCSIコントローラとしてAdvanSys社のASC3050Bを、EthernetコントローラとしてSiS900、そしてUSBコントローラとしてはCMD社製0670をそれぞれ搭載しているのがわかる。



ボード

 もともと、この製品はNEC製パソコンの情報交換やユーザーの交流を目的とした@nifty内のフォーラム「FNECHARD Forum」で生まれたものだ。そのため、ボードにも@niftyのシールが貼られている。
 販売を開始したのはTSUKUMO eX.で、1万6800円。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ