このページの本文へ

TurbolinxによるLinuxcareの合併、最終合意へ

2001年02月22日 21時05分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

米TurbolinuxによるLinuxcareとの合併に対し、2月21日両社が最終合意に達したことが発表された。合併後はTurbolinuxとして運営されることとなるが、詳細については発表されていない。

TurbolinuxのCEOであるPaul Thomas氏はそのままCEOを継続、LinuxcareのCEO、Arthur F. Tyde IIIは、CTO(Chief Technology Officer)となる。

新会社のパートナー

この合併の結果、新Turbolinuxの主なパートナーは以下の通りとなるという。

  • コンパックコンピュータ
  • デル
  • 富士通
  • Fujitsu Siemens
  • ヒューレットパッカード
  • 日立
  • IBM
  • インテル
  • モトローラ
  • NEC
  • ノベル
  • オラクル
  • SGI
  • サンマイクロシステムズ
  • 東芝を含む投資企業

また、北米では、

  • American Red Cross
  • BMG
  • Corvis
  • Digital Island
  • First Interstate Bank
  • J.P. Morgan Chase
  • Pentagon
  • State Farm Insurance
  • Verizon
  • WSE/Honeywell

Xerox といったエンタープライズ企業が主だった顧客となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ