このページの本文へ

Inspiron 8000 G850VT

Inspiron 8000 G850VT

2000年11月20日 11時10分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Inspiron 8000 G850VT

デルコンピュータ

34万8800円

デルコンピュータの個人向けノートPC、Inspironシリーズに、14.1インチTFT液晶搭載のオールインワンノート、Inspiron 8000シリーズが加わった。デスクトップPCのリプレース用途を想定した高いスペックを持つ、Inspironの最上位モデルである。

AGP 4x、UltraATA/66に対応するハイエンドノート

 InspironシリーズのトップエンドモデルとなるInspiron 8000は、ビジネスアプリの実行はもとより、3Dゲームをはじめビデオ編集や3DCG制作、CADなどをノートPC上で行いたいという、特にマシンパワーを必要とするユーザーをターゲットにしたマシンだ。それに見合うだけのパフォーマンスを提供できるように、最上位モデルのInspiron 8000 G850VTはCPUにPentiumIII-850MHzを採用している。そのほかに用意されるCPUは、PentiumIII-750/同700/同600/Celreon-600MHzとバリエーションが揃っているので、ユーザー自身が必要とするパフォーマンスに合わせて選ぶことが可能だ。メインメモリは64~512MBの範囲で選択できる。

 Inspiron 8000では、標準でUltraATA/66に対応したIntelのデスクトップ用チップセット、i815Eを搭載している点が大きな特徴だ。5/10/20/32GBから容量を選択できるHDDはすべてUltraATA/66で接続され、高速なディスクアクセスを可能にしている。ただしi815Eはデスクトップ用のチップセットであるために、CPUの持っている省電力機能SpeedStepには標準では対応しておらず、Inspiron 8000でもSpeedStep対応を謳うことはできない。しかしBIOSでSpeedStepと同様に動作電圧と動作クロックの制御を行い、AC駆動時の高いパフォーマンスとバッテリ駆動時の長時間駆動の両立を可能にしている。

 i815Eはビデオ機能を内蔵したチップセットながら、Inspiron 8000ではその機能は利用せず、より高いパフォーマンスを追求してAGP 4xモードに対応したATIのMobility-M4を搭載している。ビデオメモリは8/16/32MBの3種類を指定可能だ。15インチTFT液晶は1400×1050ドット表示に対応しており、1024×768ドット表示で17インチCRTを利用するよりも、はるかに広く精細な画面で心地よく作業が行える。アイコンのサイズや文字の太さは小さくなるものの、CRTなどよりも近くで画面を見るために見づらいという印象はなかった。

 Inspiron 8000はオールインワンノートらしく2つのマルチメディアベイを搭載し、固定式のファクトリーベイにはCD-ROM/CD-RW/DVD-ROMのいずれかのドライブを、着脱式のメディアベイにはそれらに加え、セカンドバッテリ/Zipドライブ/セカンドHDDなどの搭載を選択できる。またS-VIDEOやS/PDIF出力に対応し、IEEE1394端子も装備するなど、さまざまなユーザーのニーズに対応できる体制が整っている。省スペース性やモバイル性を優先させたいユーザーが求めていた、デスクトップPCの代替機としての実力を持つハイエンドノートの登場だ。11月初旬の価格はスペック表の仕様を選択して34万8800円と高価だが、それに見合っただけの機能は十分に盛り込まれたPCである。

本体フロントのメディアベイとバッテリパックアップ
本体フロント左側に装備する着脱式のメディアベイには、FDDのほかCD-ROM/CD-RW/DVD-ROM/セカンドバッテリ/Zipドライブ/セカンドHDDなどを搭載できる。右側にはバッテリを搭載している。
本体背面正面
本体背面には2つのUSB、シリアル、パラレル、CRT、PS/2とポートリプリケータ用の拡張ポートを、左右側面にはPCカードスロット、オーディオ、IEEE1394、IrDA1.1、S-VIDEOなど豊富な端子類を装備している。
内蔵HDDを引き出したところ
内蔵するHDDには右側面からアクセスできる。ネジを1本外すだけの簡単な作業でHDDの交換も容易に行える。
S/PDIFやコンポジットビデオ出力を可能にする付属の変換コネクタ
右側面のS-VIDEO端子はそのままTV出力が可能だが、付属の変換コネクタを利用すれば、コンポジットTV出力やS/PDIFの同軸出力にも対応できる。
パームレスト部分を交換できるオプションのカラーキット
パームレスト部分はオプションで用意されているカラーキットと交換して、オリジナリティを演出できる。カラーキットは4色(ストームグレイ、タホブルー、ニューパープル、ニューイエロ)セットで5000円。ちなみに出荷時の色はミッドナイトグレイ。
CPU Mobile PentiumIII-850MHz
メモリ 128MB
液晶 15インチ
解像度 1400×1050ドット/26万色
HDD 20GB
DVD-ROM DVD8倍速/CD24倍速
通信 モデム/LAN
サイズ 331(W)×276(D)×44.5(H)mm
重量 約3.58kg
OS Windows Millennium Edition
Officeアプリ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン