このページの本文へ

Inspiron 8000

Inspiron 8000

2001年03月19日 12時36分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルコンピュータ(株)は、2000年10月に発表したハイエンドユーザー向けA4ノート「Inspiron 8000」に、Mobile Celeron-700MHz、Mobile PentiumIII-900MHz/同-1GHz搭載モデルを追加。さらにビデオや通信などの各機能も強化したモデルも用意し、B.T.O.メニューを充実させた。

Inspiron 8000本体
個人・SOHO向けA4ノート「Inspiron 8000」。B.T.O.でメモリを512MBまで、HDDは32GBまで拡張でき、2つの光メディアドライブを搭載することもできるなど、ハイエンドPCらしいスペックを誇るマシンだ。
 15インチTFT液晶を搭載するA4ノートのInspiron 8000は、個人・SOHO向けノートPCであるInspironシリーズの最上位機種。ハードウェアスペックはB.T.O.メニューによりユーザーが好みに合わせてカスタマイズでき、CPUは従来のMobile PentiumIII-650/700/750MHzに加え、同-900MHz/1GHzが追加されたほか、Mobile Celeron-600MHzに代えて同-700MHzが用意された。

 CPU以外にビデオや通信機能も強化されており、ビデオチップは従来のRAGE Mobility M4に加え、新たにNvidiaのGeForce2 GoがB.T.O.メニューに追加され、ビデオメモリは16/32MBのDDR SDRAMが選べる。MiniPCIカードで実装される本体内蔵の通信機能として、3月14日に発表された「TrueMobile」ブランドのワイヤレスLANカードが選択可能になった。また、PCカードで提供される通信機能には、Bluetooth無線通信カードが新たに用意されている。

 Mobile PentiumIII-900MHzおよび同-1GHzモデルの最小構成でのスペックは以下のとおり。価格は900MHzモデルが26万5800円、1GHzモデルが27万5800円。本日から販売が開始されたが、B.T.O.メニューでビデオチップのGeForce2 Goと通信機能のワイヤレスLAN機能が提供開始される時期と価格は未定となっている。


Inspiron 8000の最小構成スペック例
CPU Mobile PentiumIII-900MHz Mobile PentiumIII-1GHz
メモリ 64MB
液晶 15インチTFT
ビデオチップ RAGE Mobility M4
解像度 1400×1050ドット/1670万色
HDD 5GB
CD-ROM 24倍速
通信 モデム
サイズ 331(W)×276(D)×44.5(H)mm
重量 約3.58kg
OS Windows Millennium Edition
Officeアプリ

デルコンピュータ(株)
問い合わせ先 044-556-1760

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン