このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Inspiron 8000

Inspiron 8000

2001年04月30日 16時32分更新

文● 山崎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Inspiron 8000

デルコンピュータ

35万4800円

2000年10月に登場したデルコンピュータのハイエンドノートPC「Inspiron 8000」シリーズにB.T.O.メニューの拡充が行われた。今回新たにCPUにMobile PentiumIII-1GHz、ビデオチップに「GeForce2 Go」が選択可能になり、大幅なパフォーマンスの向上が期待できる。現在のノートPCとしては最高のスペックを手に入れたInspiron 8000の実力を検証してみよう。

ノートPCとして最強の3Dグラフィックス環境を搭載

本体左右側面
左側面の固定式ドライブベイに搭載するドライブは、CD-ROM/CD-RW/DVD-ROM/CD-RW&DVDのコンボドライブのいずれかをB.T.O.で選択する。右側面にはPCカードスロット、オーディオ、IEEE1394などの端子を備える。
 Inspiron 8000はチップセットにデスクトップPC用のi815Eを採用し、1400×1050ドットあるいは1600×1200ドットのいずれかの表示解像度を持つ15インチ液晶をB.T.O.で選択できるなど、デスクトップPCに匹敵するハードウェアスペックを誇るオールインワンノートPCだ。CPUはMobile Celeron-700MHz、Mobile PentiumIII-700/850/900MHzに加え同-1GHzが選べ、メインメモリは最大512MBまで、HDDは最大20GBまで拡張できる。

 ビデオチップは高速な3D描画で定評のある「GeForce」シリーズをリリースしているNvidia初のノート用ビデオチップ「GeForce2 Go」のほか、従来から引き続きATIの「Mobility-M4」も選択可能だ。ビデオメモリ容量もカスタマイズでき、GeForce2 Goでは16/32MB、Mobility-M4では8/16/32MBのいずれかを指定できる。



本体前面&背面
前面左側には着脱式のメディアベイを装備しており、FDDのほかCD-ROM/CD-RW/DVD-ROMドライブなどを装着可能。右側にはバッテリを装備している。背面にはUSB×2、シリアル、パラレル、CRT、PS/2など豊富な端子類を装備する。
 そのほか、2つ搭載するメディアベイによりCD-RWドライブとDVD-ROMドライブのデュアルドライブ構成で利用できるなど、省スペース化のためにデスクトップPCをノートPCでリプレイスしようと考えているユーザーには最適な選択肢のひとつといえるマシンである。



キーボード
Inspiron 8000はスティックタイプとパッドタイプという2種類のポインティングデバイスを装備し、アプリケーションに合わせて使い分けることができる。また、パームレスト部分は交換が可能で、ストームグレイ、タホブルー、ニューパープル、ニューイエローの4色がセットになったオプションのカラーキット(5000円)を使ってオリジナリティを主張することが可能。

 使用感などに関しては以前のInspiron 8000レビュー記事を参照いただくとして、注目のベンチマークテストの結果を見ていこう。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン