このページの本文へ

バッファロー「FTD-W71UBS」

バスパワー対応USB2.0接続の7インチ液晶が登場!

2009年02月03日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 USB2.0によるバスパワー駆動も可能な7インチワイドサブ液晶ディスプレイ「FTD-W71UBS」がバッファローから発売された。

「FTD-W71UBS」 製品
USB2.0によるバスパワー駆動も可能なバッファロー製7インチワイドサブ液晶ディスプレイ「FTD-W71UBS」

 この製品はPCとUSB接続(付属のACアダプタによる駆動も可能)すれば、7インチのサブ画面として利用する事ができる液晶ディスプレイ。主なスペックは解像度800×480ドット、輝度300cd/m2、コントラスト比500:1、両面横ワイド使用時の視野角は上下120度、左右140度、応答速度は25ms。サイズは190(W)×194(H)×86(D)mm。
 ディスプレイは左右180度回転が可能で、表示する内容に合わせて縦/横の切り替えができるピボット表示に対応。また、本体を支えるスタンドは取り外しが可能で、市販のカメラ用三脚等に取り付けられるネジ穴が2カ所に用意されている。これにより、様々な固定機具と組み合わせてラックに付けたり壁面に取り付ける等、いろんな使い方ができるという。販売しているのはT-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は1万4800円だ。

ピボット表示 背面
左右180度回転が可能で、表示する内容に合わせて縦/横の切り替えができるピボット表示に対応する
ネジ穴 使用例
市販のカメラ用三脚等に取り付けられるネジ穴が2カ所に用意されている。これにより、様々な固定機具と組み合わせてラックに付けたり壁面に取り付ける等、いろんな使い方ができるという

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中