このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第39回

貞操帯で機密保持、USBメモリー向けダイヤル錠

2009年02月02日 10時00分更新

文● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シンプルかつ、物理的に情報漏洩を防ぐ


 社員が持ち込んだUSB周辺機器を、社内のパソコンに許可なく接続出来ないように、わざわざUSBポートを塞いでしまうオプション機器がもてはやされた時期があった。一方USBダイヤル錠は、パソコン側ではなく、USB機器側の端子をブロックする。つまり、USB機器のプラグ部分をUSBダイヤル錠でおおってしまい、オーナーの許可なく使えないようにする、ものすごくアナログな製品なのである。

正しい数字をセットしないと写真の様に内部の2本のピンが迫り出す

正しい数字をセットしないと写真の様に内部の2本のピンが迫り出す

ピンはUSBメモリーのプラグ部分の2つの四角い穴をロックする

ピンはUSBメモリーのプラグ部分の2つの四角い穴をロックする

 使い方はシンプル。解錠状態にあるUSBダイヤル錠をプラグ部分にかぶせ、3桁のダイヤルのどれかを回転させると、USBダイヤル錠の内部で2つの「爪」が迫り出し、USBプラグの2個の穴を塞ぐ。2つの爪がUSBプラグがUSBダイヤル錠から抜けるのを強制プロテクトするのである。

筆者のゼロハリ USB(改)64GBに早速使ってみる

筆者のゼロハリ USB(改)64GBに早速使ってみたところ。ファッショナブルとはほど遠くなったが、ハードウエアによる保護はなかなか

 3桁の鍵番号は、側面の金属リセットピンを先の尖ったモノで押しながら任意の番号に回転させて簡単に再設定できる。設定した3桁の数字を忘れないことが条件だが、数字の組み合わせを適時変更することで機密レベルを長く保てるだろう。

 USBダイヤル錠は、筆者を含め「ソフトウエア技術による機密管理はどうも信用できない」と考える人々にとって、「機密保持ができてる感」を一杯感じられる最高のガジェットだ。

USBダイヤル錠は残念ながらどんなタイプのUSBプラグにフィットするわけではない

USBダイヤル錠は残念ながらどんなタイプのUSBプラグでもフィットするわけではない。写真では分かりにくいが、プラグの付け根の方が多少広がっている「ホタルイカUSB」などの形状のモノは、USBダイヤル錠が奥まで届かずロックは不可能だった



今回の衝動買い

アイテム:USBダイヤル錠
価格:480円(サンコーレアモノショップ 秋葉原

T教授

T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン