このページの本文へ

SIMフリー版iPhoneを香港まで買いに行った!

2008年12月05日 15時03分更新

文● 中山 智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドコモのSIMでも通信できた!


 アクティベート後、ホーム画面が表示されるとすぐに国際ローミングとして電波をキャッチ。ソフトバンクのSIMのまま通話ができた。さらに、設定から「データローミング」をオンにすると、通信も問題なく行なえた。

 続いてソフトバンクからドコモへとSIMを差し替えて起動。ソフトバンクよりも電波をキャッチするまで若干時間がかかるものの、1分ほど放置していると問題なく通話が行なえた。

 ソフトバンクのSIMを挿したときと決定的に違うポイントは、「設定」→「一般」→「ネットワーク」の項目に「パケット通信」という項目が追加され、「APN」や「ユーザ名」などが設定できるようになること。 そこで、APNに「mopera.net」と入力し通信を行なってみると、こちらも問題なくアクセスできた。

ソフトバンクのSIMを挿したときは「パケット通信」の項目はない

ソフトバンクのSIMを挿したときは「パケット通信」の項目はない

ドコモのSIMを挿したときは「パケット通信」の項目が追加される

ドコモのSIMを挿したときは「パケット通信」の項目が追加される

ドコモのSIMを挿して、パケット通信のAPNに「mopera.net」と入力。「ユーザ名」と「パスワード」は空欄でオーケー

ドコモのSIMを挿して、パケット通信のAPNに「mopera.net」と入力。「ユーザ名」と「パスワード」は空欄でオーケー

 香港内で各種SIMカードを挿して実験した結果は下記の通り。すべて通話&通信が問題なく行なえた。ちなみに、香港でiPhoneを販売しているハッチソンのSIMを挿したときは、ソフトバンクと同様パケット通信の設定項目は表示されなかった。どうやら公式キャリアのAPNなどはiPhone自体が記憶し固定されているようだ。

香港内での各種SIMの対応状況
キャリア APN ユーザ名 パスワード
ソフトバンク 日本 設定項目無し
ドコモ 日本 mopera.net 無し 無し
イー・モバイル 日本 emb.net em em
ハッチソン 香港 設定項目無し
CSL 香港 CSLP2 無し 無し

 ただし、日本の3つのキャリアの場合、海外ローミングとなるのでパケット代が高い。香港でASCII.JPのサイトを数ページ見ただけで、ソフトバンクの場合は2000円ほど課金されていた。

 また、CSLのAPNは、以前レポートしたパケット定額のAPN。iPhoneでもパケット定額は適応されていたので、やはりSIMフリー機はその特性を生かし現地のSIMカードを挿す、というのがオトクな使い方だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン