このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

クロノ・トリガー、ガンダム、ラストレムナント! 注目ゲームが大量入荷!

2008年11月21日 22時00分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

奇跡のコラボといわれた「クロノ・トリガー」
DS用にリメイクして再登場!

 DS用ゲームソフトとしてリメイクして発売を迎えた「クロノ・トリガー」。最初に発売されたのは1995年で、スクウェアとエニックスはRPGゲームの2大巨頭となっていた。そのような中で、ファイナルファンタジーシリーズの生みの親である坂口博信氏と、ドラゴンクエストシリーズのシナリオを担当する堀井雄二氏、同キャラクターデザイン担当の鳥山明氏などが集結して作られ、ドラクエ派、FF派に分かれていたRPGゲームユーザーの度肝を抜いた作品なのだ。

クロノ・トリガー クロノ・トリガー
クロノ・トリガー 「クロノ・トリガー」には、先着メーカー購入特典としてサウンドトラックCDが付けられているのだが、夕方の段階でサントラCDがなくなってしまった店舗もあった

 ショップでは、大々的なコーナー展開などは見られなかったものの、順調な売れ行きを見せていたようだ。
 ショップスタッフの間からは「クロノ・トリガーは別格ですね」や「PSでもリメイクが発売されているタイトルなのに、こんなに売れてしまって、逆に今後のゲーム界が心配です」といった声が上がっていた。

ガンダムVS.シリーズの最新作がPSPで登場!

 「クロノ・トリガー」を除外した状況で、今週もっとも好調の声が聞かれたは「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム」だ。同作品はアーケード用対戦型アクションシリーズ「機動戦士ガンダム vs.」の7作品目として、全国のアミューズメントストアで稼動していたゲームの移植版。

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム
パッケージには登場する全てのガンダムの頭部が描かれているプレミアムパックに同梱されているPSP本体には、水墨画を思わせるデザインでガンダムが描かれている

 また、ソフマップ本館では、PSP2台使った体験コーナーが設置されていて、多くの人がプレイしていた。
 ショップスタッフからは「売れていますね。こんなに動くとは思っていなかったので少し驚いています」や「ガンダムは強いですね、クロノ・トリガーと同じくらい売ったような気がします」といった好調なコメントが聞かれた反面、「本体同梱版の動きが思ったより鈍いです」や「同梱版よりソフト単体の動きが良いのは、PSP本体が行き渡ったということなんですかね」と同梱版不調を感じさせるコメントが聞かれた。

機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム
ソフマップ本館に設置されている体験コーナー。PSP本体は固定されているが大型のテレビに映像が出力されているので、プレイ環境は良さそうだ

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ