• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022October

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

「レッスルエンジェルス サバイバー2」、秋葉原で壊滅!

2008年11月06日 21時30分更新

文● 伊藤 真広

 1992年にPC向けとして第1作が発売された「レッスルエンジェルス」シリーズの最新作「レッスルエンジェルス サバイバー2」がPS2用として発売された。

「レッスルエンジェルス サバイバー2」。秋葉原のほとんどのショップでは、限定版、通常版ともに予約引き取りのみとなっていた

 ちなみに、今回同タイトルを発売したのは、新進気鋭のゲーム会社“トライファースト”で、今回の「レッスルエンジェルス サバイバー2」が同社の処女作となっている。
 販売元が変わったためゲーム性などが変わってしまっているのではという心配する声も聞かれたが、ゲームの内容はこれまでの作品どおり、レスラー育成&プロレス団体経営シミュレーションとなっているのでご安心を。

レッスルエンジェルス

パッケージの裏に描かれている11人のレスラーだけでも、声優陣の豪華さが伺える

レッスルエンジェルス

メーカー特典として付けられていたボイスCD

 ちなみに、本作には、水樹奈々、能登麻美子、生天目仁美、中原麻衣などの人気女性声優が多数出演しており、秋葉原のショップからは限定版はおろか、通常版も姿を消していた。
 ショップスタッフに話を聞いてみたところ「予約を始めた頃よりも、直前になって急に予約が伸びはじめたため、メーカーも生産数を増せなかったみたいです」、「うちは予約だけで終了しちゃってます」との声も!

ソフマップの特典のテレカは、プロレスとはあまり関係のなさそうなシチュエーションが描かれていた

ゲーマーズの特典テレカは、ビキニ姿の2人が描かれているものとなっていた

メッセサンオーでは、特典としておっぱいの衝突事故のイラストとキャラクターボイスCDを用意

(次ページへ続く)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう