このページの本文へ

インテルとMSIのマザーボード

「詳細不明」の最新マザー! インテルとMSIの2モデル展示中!

2008年10月31日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 次世代CPU「Core i7」(開発コードネーム:Nehalem)プラットフォームに対応すると思われる新型マザーボードの展示が続々と始まった。

次世代CPU「Core i7」(開発コードネーム:Nehalem)プラットフォームに対応すると思われるインテル製の新型マザーボード

 Foxconn製に続いて展示がスタートしたのは、インテル製とMSI製の2モデル。今回展示を開始したのはドスパラ秋葉原本店、TSUKUMO eX.(インテル製のみ)、BLESS秋葉原本店(インテル製のみ)の3店。例によって「詳細については何も答えられない」という。
 見た限りインテル製は3+1構成のDDR3 DIMMスロットが特徴的。MSI製は6本のDDR3 DIMMスロット横に「Bloomfield Optimized」「3Channels DDR3」「QPI 6.4GT/s」などの記載が確認できた。続々と登場するこれら「最新マザーボード」だが、来るべき「Xデー」当日には店頭を賑わすことになりそうだ。

インテル製マザーボード

インテル製は3+1構成のDDR3 DIMMスロットが特徴的。I/O部にPS2インターフェイスは用意されていない

MSI製マザーボード

6本のDDR3 DIMMスロット横に「Bloomfield Optimized」「3Channels DDR3」「QPI 6.4GT/s」などの記載が確認できたMSI製

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中