このページの本文へ

インテル「Core i7」デモ

実力はいかに!? 「Core i7」のデモが一斉スタート!

2008年11月05日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルCore 2ファミリーの後継となる次世代CPU「Core i7」(開発コードネーム:Nehalem)を搭載したPCのデモが複数ショップで一斉にスタートした。

インテルCore 2ファミリーの後継となる次世代CPU「Core i7」(開発コードネーム:Nehalem)を搭載したPCのデモが複数ショップで一斉にスタート

 今月登場が予定されている新型「Core i7」は、同社初の1ダイでのクアッドコア化、統合3次キャッシュメモリーの搭載、内蔵型メモリーコントローラー、CPUとチップセットなどを結ぶ新インターコネクトバス「QPI」(QuickPath Interconnect)の採用などが特徴の製品。
 そのほか、動作していないCPUコアの電源を完全に切ることで、動的にCPUコアが消費する電力を低減することができる「Integrated Power Gate」、CPUコアが停止して消費電力が低減している余裕を利用し、動作しているCPUコアを高クロックで動かす「Turbo boost Technology」といった新機能も用意されている。その他「Core i7」の詳細については「2009年のCore i7はこうなる!? ロードマップ公開」「次世代CPU「Core i7」の詳細が明らかに!」に詳しいので、そちらを参照していただきたい。

「Core i7 Extreme 965」「Core i7 940」「Core i7 920」の予価も掲示。発売日は11月中とされている

 以下は各ショップのデモの様子。マザーボードは、すでにお伝えしているように「X58」+「ICH10R」搭載製品で、CPUやマザーの予価を掲示しているところも見られた。

ドスパラ秋葉原本店

「Core i7 Extreme 965」(3.2GHz)とMSI製マザーボード「Eclipse SLI」を組み合わせたデモ。インテル製SSDを使用し「Crystam Disk Mark」での計測値も公開している

上記のデモのほか、「Core i7 920」(2.66GHz)とIntel製マザーボード「DX58S0」を組み合わせたデモも実施している

ツクモパソコン本店

「Core i7 920」(2.66GHz)とインテル製マザーボード「DX58S0」を組み合わせたデモ。予価も掲示されており、CPUが3万3980円、マザーが3万2800円とされている

TSUKUMO eX.

「Core i7 Extreme 965」(3.2GHz)とインテル製マザーボード「DX58S0」を組み合わせたデモ。メモリはCorsair製DDR3を3枚3チャンネル動作。VGAにはGeForce 9800 GX2を使いPhysXにGeForce 8800 Ultraを使用

T-ZONE.PC DIY SHOP

「Core i7 Extreme 965」(3.2GHz)とインテル製マザーボード「DX58S0」を組み合わせたデモ。アクリルケースに搭載されており、内部は見やすい。ドライブはIntel製SSDを使用している

BLESS秋葉原本店

「Core i7 Extreme 965」(3.2GHz)とインテル製マザーボード「DX58S0」を組み合わせたデモだが、さらにVGAはRadeon HD 4850をCrossFireで動作。ハイエンドながら比較的スタンダードな構成といえそうだ

クレバリーインターネット館

ASUSTeK製のX58搭載モデル「P6T Deluxe」が展示開始。スタンダードなX58マザーとして人気となりそうな製品だ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中