このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

アップル無線ラインアップを3製品横並び

APR: Time Capsule/AirMac Extreme/AirMac Express

2008年08月15日 18時00分更新

文● 柴田文彦

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5. Conclusion


内蔵ハードディスクの魅力は価格でも実感

 Time Capsuleは価格的に見ると、Extremeの2万1800円に対して、500GB内蔵が3万5800円、1TBでは5万9800円という設定だ。500GBのハードディスクが1万4000円、1TBが3万8000円で手に入ることになる。内蔵ハードディスクは、いずれもサーバーグレードのものとされており、サードパーティー製の外付けハードディスクの価格を考えるとかなり良心的な格安だ。

 問題は、無線LAN経由のアクセス速度が遅いこと。これはExtremeも同様だが、こちらは必要に応じてハードディスクをMacに直付けすることもできるなど機動性が高い。もちろん、ハードディスクの交換や増設などの拡張性の点も優れている。

 ただし、Time Capsuleも外部ハードディスクを付けて使えるので、拡張性という点では劣っていない。低価格で大容量のネットワークストレージが手に入るという点だけでも大きなメリットと言える。Time Machineを搭載したLeopard以降のMac OS Xユーザーなら、Time Capsuleを選んでも、失敗したと感じることはないはずだ。


 Time Capsule/AirMac Extreme/AirMac Expressの主な仕様

Time Capsule AirMac Extreme AirMac Express
製造番号 MB276J/AMB277J/A MA073J/A MB321J/A
価格 3万5800円(500GB)、5万9800円(1TB) 2万1800円 1万1800円
無線プロトコル IEEE 802.11a/b/g/nドラフト IEEE 802.11b/g/nドラフト
無線周波数帯域 2.4/5GHz
有線LANポート 1000Base-T×3 100Base-TX×1
接続ユーザー数 50 10
USB端子の対応機器 プリンター、ハードディスク プリンター
AirTunes ── スピーカー接続
サイズ 幅197×奥行き197×高さ36.3mm 幅165×奥行き165×高さ34mm 幅75×奥行き94×高さ28.5mm
重さ 1587g 753g 188g

(MacPeople 2008年6月号より転載)


前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中