このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

コミケ・ワンフェス直前対策!「俺」流コスプレ撮影術第5回

コミケ・ワンフェス直前対策!「俺」流コスプレ撮影術

カット#05 女の子をソノ気にさせる口説き方

2008年07月30日 20時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャッターを斬る 狭い場所でも動きある画は撮れる!

 手ブレは禁物だか意図的に一部をブラすと、次の写真のように動きのある写真が撮れる。これらはシャッタースピードを優先にして撮影したものだ。

格闘系キャラならパンチや武器、魔法系なら杖を振り下ろすシーンなどで使える

 シャッタースピードを1/60秒にして撮影したのがパンチのショット。できるだけ顔は動かさないようにして、パンチを繰り出してもらえばいい。
 そして次は、その場でターン。袖が長い場合や膝丈~ロングスカートのコスチュームで有効。裾やスカートが広がってちょっと違った印象になる。

こんな感じに顔は止まって、手だけブレる

 軸足を決めてもらって、なるべく手を左右に広げてターンしてもらうと、止まっている部分とブレの部分が出やすくなる。この写真のシャッタースピードは1/80秒だ。
 そして最後はジャンプ。モデルさんの場合は、ハイヒールを履いていたので元気にジャンプできなかったが、それでもこんな感じの画が撮れる。

着地した瞬間を狙うと、遅れて落ちてくる布や髪の毛をブラして撮れる

 コチラもシャッタースピードは1/80秒。空中でジャンプしているところで止めたい場合は、1/250秒以上でシャッターを切るといい。
 さて、これらの写真は、レイヤーさんのアクションするタイミングをシャッターを切るタイミングをあわせなければならない。そんなときは、「せーの!」や「3、2、1」でアクションをはじめてもらうようにレイヤーさんにお願いする。次のムービーは、実際にこれらの写真を撮影したシーンだ。

 こうして動きのある撮影に挑戦するのもいいだろう。

 コスプレの撮影という非常に特化した撮影術をお届けしたが、次の日曜日にはワンダーフェスティバル2008[夏]が開催される。1週おいて15~17日はコミックマーケット74の開催だ。
 ここで紹介した色々なポイントなどを参考にして、ぜひ可愛いレイヤーさんの撮影に挑んで欲しい。
 なお8月4日の週には、コミケ直前対策として新コスプレ広場となるレストラン街の園庭を、地図と写真入りで詳しくレポートする予定だ。どこから撮影するとどんな背景になるのか? 地図上の太陽光の回り具合は? 使えそうな壁やオブジェは? といった疑問に一挙お答えしよう!

撮影のキホンを学びたい人向け書籍の紹介

   今回、5回に渡ってコスプレ撮影について藤山氏流の撮影術を紹介してきた。人物撮影についてもっと知りたいという方もいると思うので、関連書籍を紹介したい。

 本書も女性をどうすれば魅力的に撮影することが出来るのか、女性視点で書かれたもの。レイヤーさんのみならず、様々なシチュエーションでの撮影にも応用可能なテクニックが満載されているので、ぜひ参考にして欲しい。

【撮影協力】

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ