このページの本文へ

「マクロスFRONTIER」第1巻、Blu-RayとDVDで同時発進!

2008年07月25日 14時38分更新

文● 伊藤 真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 主題歌CDの発売や、登場人物のCD、オリジナルサウンドトラックなどの関連CDが軒並みオリコンウィークリーチャートのTOP10以内にランクインして話題を呼んでいるアニメ「マクロスFRONTIER」の第1話を収録したDVDとBlu-Ray Discがついに登場した。アニメ作品としては史上初の、Blu-Ray DiscとDVDの2つのメディアでの同時発売タイトルとなる。テレビ放送の開始当初から映像のクオリティの高さから、Blu-Ray Disc版に期待する声は上がっていたのだが、今回発売されたBlu-Ray Disc版は秋葉原の各ショップスタッフが期待以上の映像美になっていると唸るほどのクオリティに仕上がっているようだ。

「マクロスFRONTIER」Blu-Ray Disc第1巻 「マクロスFRONTIER」Blu-Ray Disc第1巻
「マクロスFRONTIER」第1巻。ショップからは「Blu-Ray Disc版にこんなに予約が入るとは思っていませんでした。本格的にアニメのBlu-Ray時代の幕開けですかね」といった声も上がったBlu-Ray Disc版は5040円
「マクロスFRONTIER」DVD第1巻 「マクロスFRONTIER」DVD第1巻
DVD版もBlu-Ray Disc版も、収録されているのはテレビ放送の第1話クロース・エンカウンターのみとなっている。ちなみにDVD版の価格は3990円
封入特典 Blu-Ray Disc、DVD共通の封入特典は「娘娘五十周年五十枚シール」。その一となっているが、2巻目以降にもシールが付くのだろうか?

デ、デカルチャー、これがBlu-Rayの実力なのか……

 ショップでは、Blu-Ray Disc版を販売フロアで流しているところがあり、ショップスタッフによると「朝から上映しているモニターの前で、足を止める人の姿が絶えません」と、確かな手ごたえを感じているようだ。
 取材で回っている各ショップにBlu-Ray Disc版とDVD版入荷数や予約状況を確認してみたところ、初日の段階では、DVD版を多く入荷しているショップの方が若干多いという結果になった。とはいえ、各ショップともに入荷数に圧倒的な差があるというほどではないようだ。
 予約数はショップによってかなり差があり、圧倒的にBlu-Ray Disc版に集中しているショップもあれば、どちらも同じくらいだったり、場所によってはDVD版のほうが多いという結果になっていた。
 一般販売に関しては、取材で店舗を訪れたのが13時過ぎから17時くらいの日中ということもあり、販売本数に大きな差は出ていなかった。しかし、Blu-Ray Disc版を購入していく人の中には、Blu-Ray Discの再生環境を持っていない人がいたようで、ショップでプレイヤーは何を購入すればよいかと質問する人が少なからずいたようだ。
 なお、今後の売れ行き予想についてショップに聞いてみると、各店ともに予約の状況から見てもかなり好調なセールスになるという認識となっており、一部のショップスタッフからは「らき☆すた、ハルヒを超えると思います」や、「1巻あたり10万本は軽くクリアするんじゃないですかね」といったコメントも聞かれた。
 在庫状況については、各ショップともに十分な数を入荷したつもりではいるが、「売れ行きが偏った場合には、Blu-Ray Disc版かDVD版のどちらかが売り切れになってしまう可能性もある」といった話が聞くことができた。

AKIHABARAゲーマーズ本店 Blu-Ray上映
AKIHABARAゲーマーズ本店では、棚をまるまる2つ「マクロスFRONTIER」として使っていたソフマップ本館とAKIHABARAゲーマーズ本店では、Blu-Ray Disc版対応ディスプレイでサンプルを上映していたようだ
第1話の見所 第1話の見所
第1話の見所は、シェリルのライブシーンと戦闘シーンの2ヵ所のほか、個人的にはランカがコンサート会場に向かうランカが道に迷って公園を彷徨うシーンを上げておきたい!

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ