このページの本文へ

コレガ、RAID対応NASケース「CG-NSC2100GT」を発表

SOHO+ホームにピッタリの多機能NASケース

2008年07月18日 00時52分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)コレガは17日、iTunesサーバー機能を搭載したNASケース「CG-NSC2100GT」を7月下旬に発売すると発表した。価格は3万965円。

CG-NSC2100GT

常時温度を監視しており、ファンの回転数を自動的に調整。また一定時間アクセスがないときは自動的にドライブの回転を止める省エネ設計だ

本製品は、3.5インチSATAハードディスクを2台内蔵可能なNAS(Network Attached Storage)ケースだ。2台のハードディスクでRAID 0と1を構築できるほか(ホットスワップ・リビルド対応)、iTunesサーバー機能やDLNAに対応しており、メディアサーバーとしても利用可能。簡易ウェブサーバーやFTPサーバー、Windows用のUSBプリンターサーバーとしても使える。

ネットワーク端子は、1000Base-Tイーサネットポート。本体サイズは幅146×奥行き213×高さ85mm、重さは970g。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中