このページの本文へ

アイ・オー・データ機器、大容量NAS「HDL2-G」シリーズを発表

写真や音楽の保存にピッタリのNAS

2008年06月20日 04時15分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)アイ・オー・データ機器は18日、2台のドライブを内蔵したNAS「HDL2-G」シリーズ2製品を6月下旬に発売すると発表した。価格は1TBモデル(HDL2-G1.0)が4万2300円、2TBモデル(同G2.0)が7万4300円だ。

本製品は、インターフェースに1000Base-Tイーサネットを採用したネットワーク接続の外付けハードディスク。本体には2台のドライブを内蔵しており、大容量を求めるならストライピング、安全性を求めるならミラーリングという2つのモードで活用できる。

HDL2-G

ファンレス設計なので静音性に優れ、独自の「中空エアロフロー構造」により十分な放熱性を確保している。本体サイズは幅約82.2×奥行き111.2×高さ181.6mm、重さは約2.3kg

本体の前面にあるUSBポートにデジタルカメラやUSBメモリーを接続すれば、「FUNC」ボタンを押すだけでデータをバックアップ可能。また、LAN内のパソコンから保存した写真にアクセスする「フォトアルバム機能」を搭載するほか、iTunesサーバーやDLNAサーバー機能も備えている。もちろん、SambaやAFPによるファイルサーバーとしても利用できる。

対応システムは、Mac OS X 10.4以上(Leopard対応)またはWIndows 2000/XP/Vista。


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中