このページの本文へ

QNAP「TS-109/209/409 Pro」

QNAP製のNASキット3モデルがオリオスペックで販売中!

2008年04月17日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 QNAP製のNASキット3モデル「TS-109/209/409 Pro」がオリオスペックにて販売されている。

「TS-109/209/409 Pro」 背面
QNAP製のNASキット3モデル「TS-109/209/409 Pro」。オリオスペックではSeagate「Barracuda ES.2」シリーズのHDDとセットのモデルも用意されている

 発売されたのはSerial ATA HDD 1台用の「TS-109 Pro」と2台用の「TS-209 Pro」、4台用の「TS-409 Pro」。インターフェイスはギガビットイーサネット×1のほか、USB2.0ポート×3。主な機能はファイルサーバー、FTP サーバー、バックアップサーバー、プリントサーバー、Webサーバー、MySQLサーバー、UPnP メディアサーバー、iTunesサーバーなど。2台用の「TS-209 Pro」ではRAID 0/1/JBOD/(Auto Rebuild)、4台用の「TS-409 Pro」ではRAID 0/1/5/6/JBOD/(Auto Rebuild)の構築も可能だ。
 製品には日本語マニュアルも付属。価格は「TS-109 Pro」が3万3000円、「TS-209 Pro」が4万3800円、「TS-409 Pro」が6万9800円。ほかに、同店ではSeagate「Barracuda ES.2」シリーズのHDDとセットのモデルも用意されている。

「TS-409 Pro」 パッケージ
インターフェイスはギガビットイーサネット×1のほか、USB2.0ポート×3。主な機能はファイルサーバー、FTP サーバー、バックアップサーバー、プリントサーバー、Webサーバー、MySQLサーバー、UPnP メディアサーバー、iTunesサーバーなど

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中