このページの本文へ

理想(?)のオトナが選ぶ週末ハイエンドモデル

デカさこそ正義!究極のAVノートはコレだ!!

2008年08月13日 15時00分更新

文● 財布の中身がキッズな盛田/トレンド編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

休日はどっぷり3Dゲームにハマってたい!



エレクトロニック・アーツのFPS(主観視点のシューティング)ゲーム「CRYSiS」プレイ画面。ゲーム猿人の筆者からしたら「3D映画なんじゃないのコレ?!」ってレベル (c) 2007 Crytek. All Rights Reserved. Crytek, Crysis and CryENGINE are trademarks or registered trademarks of Crytek. EA and the EA logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All other trademarks are the property of their respective owners.

DirectX 10って何ですか?

 まずはこの画面の美しさを見てほしい! これがプレイ画面だと言われたら、今まで無料のカジュアルゲームだけやってきたお子様ユーザー(筆者含む)はかなり信じられない気分になる。しかもオンラインで世界中のプレイヤーと一緒に遊べるなんて言われたら、もう一日中パソコンの前から離れられないだろう。

 さて、そこで気になるのはキャデラックノートでこれらの3Dゲームがプレイできるのかってこと。ここで重要なのは、パッケージに表記されている「DirectX」のバージョンだ。

昨年12月に行なわれたイベント「Games for Windows キャンペーン in Akiba」での1コマ。CRYSiSプレー時のDirect X10とDirectX 9の対比が行なわれていた

 DirectXはマイクロソフトが作った、マルチメディア処理用のAPI(OSや他のソフトウェアが持つ機能を呼び出すインターフェース)のこと。Windows用のPCゲームを作るときは、ほとんどの場合これのお世話になる。ここで最も重要なのは、3D映像処理に関するAPI「Direct3D」だ。

 その最新バージョンが「DirectX 10」。ひとつ前のバージョンであるDirectX 9と比べてどこが違うかと言えば、これは実際に見てもらうのが手っ取り早い。下記の画像はいずれもカプコンのアクションゲーム「ロストプラネット エクストリームコンディション」のものだ。

DirectX 9環境で表示したシーン。ちょっとファー部分がゴワゴワしている

DirectX 10環境で表示した同じシーン。ファーの1本1本がフワフワしている

(C)CAPCOM CO., LTD. 2006, 2007 ALL RIGHTS RESERVED. Character Wayne by (C)Lee Byung Hun/BH Entertainment CO., LTD.

 キャデラックノートがDirectXのどのバージョンに対応しているかはGPU次第。どのGPUが搭載されているかによって、ゲームの表示品質も変わってくるわけだ。

 DirectX 10に対応したノートパソコン用のGPUとしては、NVIDIAのGeForce 8MシリーズやATIのMobility Radeon HD3000シリーズなどがある。それぞれのバージョンによって性能に差がある。やってみたいゲームのスペックを確認し、レビュー記事などを参考に知識を深めてもらいたい。

 こうしたGPU搭載ノートを選び、とにかくハイスペックを目指すときはCPUやメモリーはもちろん「排熱性」も重要だ。GPUを接続しているチップセットが発熱してパームレストまでも熱くなってくると、プレーに支障が出ることもある。

いまオススメのオンラインゲームはコレ!

 さっそく始めてみたくなったあなたに、オススメのオンラインゲームを紹介しよう。どれもハイスペックを必要とするゲームなので、キャデラックノートと言えどもスペックには注意が必要だ。

カプコン「モンスターハンターフロンティアオンライン シーズン2.0 プレミアムパッケージ」。発売中。実売価格5040円

■流行中! モンスターハンターフロンティアオンライン

 大流行中のMORPG。プレイヤーは「ハンター」となり、武器や罠などを駆使してモンスターの「狩猟」に挑む。仲間を集めて結成する「猟団」、期間ごとに開催される「公式狩猟大会」などが楽しめる。

 動作設定がメーカー推奨の「ミドルモード」であれば、キャデラックノートのスペックで十分対応できるだろう。詳細はオフィシャルサイトからご確認。

 高スペック必要度:★★★☆☆


エレクトロニック・アーツ「アンリアルトーナメント3」。2008年9月18日発売予定。オープンプライス

■16人と射撃対決! アンリアルトーナメント3

 全世界で600万本を出荷した、大人気のスポーツ系FPSゲームシリーズ最新作。日本版はいよいよ9月18日に発売予定だ。

 国内のサーバーに接続し、最大16人と同時対戦できる。シングルプレーも可能だ。反射神経とマウスさばきに自信のあるアナタ、ぜひともアジアNo.1の座を目指してみてほしい。

 高スペック必要度:★★★★☆


エレクトロニック・アーツ「CRYSiS」。発売中。実売価格7300円前後

■DirectX 10の魅力を死ぬほど味わう! CRYSiS

 世界最高水準と言われるグラフィックスが圧巻のFPSゲーム。草木の1本1本に至るまで、すべてのグラフィックスが超高精細なゲーム空間は惹きこまれること間違いなし。

 ただし要求するスペックも超ド級で、そこらのハイエンドモデルでは到底太刀打ちできない。「最高」設定を使用するにはDirectX 10に対応した、最上級のGPUが必要だ。

 高スペック必要度:★★★★★

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン