このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Acrobat 9で起動時間が大幅削減!

新Acrobat、知っておきたい新機能

2008年06月05日 04時00分更新

文● 西川仁朗/アスキーネタ帳編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日ごろ、プレゼンをする際にする機会が多いものの「人前だと緊張してうまく話せない」という人もいるだろう。あるいは、逆に「自分のプレゼンさえ見せれば商品の良さが分かってもらえるのに、なかなかその機会がない」と感じているデキる営業マンもいるのではないだろうか?

新たにラインナップに加わった最上位製品「Acrobat 9 Pro Extended」
新たにラインナップに加わった最上位製品「Acrobat 9 Pro Extended」

 そんなビジネスマンの悩みをアドビ システムズが7月上旬にリリースする「Adobe Acrobat 9 日本語版」(関連記事)が解決してくれると言ったら驚くだろうか? 「AcrobatってPDF作成ソフトでしょ?」と思っているかもしれないが、すでにAcrobatは単なるPDF作成ソフトの領域を超えた新しいコミュニケーションツールに到達している。Acrobat 9は、Acrobat 8に比べて、起動時間が約2~4倍速いといったパフォーマンスの向上や、印刷機能が強化された点(インタビュー記事などが注目されている。しかし、ビジネスユーザーがAcrobat 9で最も注目すべきポイントは「ポートフォリオ」と呼ばれる新機能にあると言っても過言ではない。

 ポートフォリオといえば、金融用語のようで分かりにくいかもしれないが、簡単に言えば、様々なデータをまとめて一括で運ぶ「情報コンテナ」と考えればいい。つまり、ポートフォリオと呼ばれる一つのフォルダの中に文書、図画、電子メール、表計算シート、動画や音声などのコンテンツをまとめて管理する機能なのである。

ポートフォリオを作成する画面。画面上に追加したいデータをドラッグ&ドロップするだけで簡単に作成できる

前へ 1 2 3 次へ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ