このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

第47回静岡ホビーショー 第4回

コトブキヤ編

グレンラガンにゾイド、さらには美少女フィギュアまで、コトブキヤブースにはお披露目の作品多数

2008年05月19日 22時59分更新

文● 伊藤真広

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アキバ(裏)でもおなじみのフィギュアを多数発売しているコトブキヤ。今回の静岡ホビーショーには、美少女フィギュアは少なかったが、硬派なロボット系のキットのお披露目商品が多数出展されていた。

スカイ・クロラに登場する機体も展示されていたが、監修中のため撮影不可となっていた。形状は、旧日本海軍が太平洋戦争末期に開発していた試作局地戦闘機「震電」のような前翼型の機体

スカイ・クロラに登場する機体も展示されていたが、監修中のため撮影不可となっていた。形状は、旧日本海軍が太平洋戦争末期に開発していた試作局地戦闘機「震電」のような前翼型の機体

ゾイドシリーズに登場するオオカミ型ゾイド「コマンドウルフAC」。このモデルは、ショップや問屋などが静岡ホビーショーのみで受注を行う限定モデルとなっていたようだ

ゾイドシリーズに登場するオオカミ型ゾイド「コマンドウルフAC」。このモデルは、ショップや問屋などが静岡ホビーショーのみで受注を行う限定モデルとなっていたようだ

今回のキットでは、“対人機関砲”と“対ゾイド用2連衝撃砲”の2兵装が、新たに書き起こされているとのことだ。ちなみに、両装備は前足にそれぞれ装備可能となっている

こちらは、会場が初お披露目の、8月に4410円で発売予定の昆虫型ゾイド「モルガ&モルガ(キャノリーユニット装着型)」セット

こちらは、会場が初お披露目の、8月に4410円で発売予定の昆虫型ゾイド「モルガ&モルガ(キャノリーユニット装着型)」セット

通常型モルガにAZ120mmグライドキャノンを装備した重砲兵装モデル。カラーリングは、モルガ本体の頭部と腹部が暗緑色、胸部が黒色になっているとのこと

通常型モルガにAZ120mmグライドキャノンを装備した重砲兵装モデル。カラーリングは、モルガ本体の頭部と腹部が暗緑色、胸部が黒色になっているとのこと

もう一方は帝国の通常型のモデルとなっており、兵装も通常装備品のみとなっているようだ

もう一方は帝国の通常型のモデルとなっており、兵装も通常装備品のみとなっているようだ

天元突破グレンラガンからのお披露目品は、量産型グレンラガン“グラパール”から一般用とダリー用のピンク色の機体の2種類が登場

(次ページへ続く)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ