このページの本文へ

クーラーマスター「Centurion 590」

発売間近! クーラーマスターの新型ケース「Centurion 590」!

2008年04月15日 22時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターの新型PCケース「Centurion 590」(型番:RC-590-KKN2-GP)の販売が今週18日(金)からスタートする。

「Centurion 590」 ポップ
クーラーマスター製新型PCケース「Centurion 590」(型番:RC-590-KKN2-GP)。今日から、T-ZONE.PC DIY SHOPで展示されている

 「Centurion 590」最大の特徴は、メッシュ仕様のフロント部が全て5インチベイとなる点。ベイ数は全部で9つで、内部には3つの5インチベイのスペースに3.5インチHDDを4台収納できる「4-in-3 Device Module」が標準で搭載されている。

内部 「4-in-3 Device Module」
ベイ数は全部で9つで、内部には3つの5インチベイのスペースに3.5インチHDDを4台収納できる「4-in-3 Device Module」が標準で搭載されている

 サイズは207(W)×509(D)×450(H)mmで、同社でも「CM690をベースに」と謳われていることから、ベイ以外の特徴は「CM690」とよく似ている。電源ユニットは底面に配置するタイプで、フロントとリヤにそれぞれ1基ずつ120mmファン(1200rpm/17dB)を装備。オプションとなるが天板部に120mmもしくは140mmファンを2基、サイドにも同じく120mmもしくは140mmファンを2基まで増設可能としており、エアフローイメージは「CM690」とほぼ同じとなる。
 現在予約受付中で展示機も設置してあるT-ZONE.PC DIY SHOPでは予価1万4800円。そのほか、複数ショップでも18日から販売がスタートする予定だ。

ファン エアフロー
電源ユニットは底面に配置するタイプで、フロントとリヤにそれぞれ1基ずつ120mmファン(1200rpm/17dB)を装備。オプションとなるが天板部に120mmもしくは140mmファンを2基、サイドにも同じく120mmもしくは140mmファンを2基まで増設可能とし、エアフローイメージは「CM690」とほぼ同じ

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中