このページの本文へ

アビー「AS Power Silentist S-480ES」「ZUMAX ZU-520W」「AS Enclosure 220HT」

アビー、電源とケースを来週投入!

2008年03月14日 23時55分更新

文● 宇田川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アビーから奥行き123mmのコンパクトな定格480W電源「AS Power Silentist S-480ES」と、ZUMAX製静音520W電源「ZUMAX ZU-520W」、ハイスペックマイクロタワー「AS Enclosure 220HT」が来週19日(水)に登場する。

AS Power Silentist S-480ES

アビーから奥行き123mmのコンパクトな定格480W電源「AS Power Silentist S-480ES」が来週登場予定

外部ストレージに電力供給を可能にするAUXプラグ

 「AS Power Silentist S-480ES」は、奥行きが123mmと世界最小クラスの定格480W ATX電源ユニット。アビー製電源では定番の着脱可能なイージープラグのほか、外部ストレージに電力供給を可能にするAUXプラグを装備しているのが特徴だ。AUXプラグには出力ケーブルの伸長やコネクタの分岐によって生じる微妙な電圧変動(電圧低下)の情報を電源内部にフィードバックし、出力の微調整を行なうリモートセンス機能も搭載されているため、外部ストレージへの電力供給を安定化させているという。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、8(4+4ピン)12V×1、PCI Express(6ピン)×2、PCI Express(6+2ピン)×1、FDD用×1、HDD×3、Serial ATA×4、電源はATX12V Ver.2.2規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×123(D)×86(H)mmとなる。予価は9980円前後となっている。

ZUMAX ZU-520W

安価なZUMAX製520W静音ATX電源ユニット「ZUMAX ZU-520W」

 「ZUMAX ZU-520W」はアビーが取り扱うZUMAX製520W静音ATX電源ユニット。
 主な仕様は、コネクタ数がATXメイン(20+4ピン)×1、8(4+4ピン)12V×1、PCI Express(6ピン)×2、FDD用×2、HDD×6、Serial ATA×4、電源はATX12V Ver.2.2規格に準拠しており、本体サイズは150(W)×140(D)×86(H)mmとなる。予価は6480円前後となっている。

 「AS Power Silentist S-480ES」と「ZUMAX ZU-520W」の入荷予定のショップは以下の通り。

・T-ZONE.PC DIY SHOP ・BLESS秋葉原本店 ・アーク
・ソフマップ秋葉原パソコン館 ・ソフマップリユース総合館 ・TSUKUMO eX.
・ツクモケース王国 ・フェイスカスタム館 ・フェイスパーツ館
・TWOTOP秋葉原本店 ・ドスパラ秋葉原本店 ・クレバリー1号店
・クレバリーインターネット館 ・ツクモパソコン本店II ・ツクモ DOS/V館

マイクロタワーケース「ASE-220HT」

安価なZUMAX製360W静音ATX電源ユニット「ZU-360B」

安価なZUMAX製360W静音ATX電源ユニット「ZU-360B」

 「ASE-220HT」は一般的なマイクロATXケースよりもコンパクトな筐体ながら、高い拡張性が特徴のマイクロタワーケース。
 主な仕様は、サイズが190(W)×430(D)×350(H)mm、電源は非搭載。ドライブベイは5インチ×2、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×6という構成で、ケースファンはフロントとリアに12cmタイプが搭載される。また、フロントにはUSB/IEEE1394/マイク/ヘッドホンの各ポートを用意。本体カラーはシルバー(型番:ASE-220HT-S)とブラック(型番:ASE-220HT-BK)の2タイプが用意されている。予価は、2万9980円前後となっている。

 「ASE-220HT」の入荷予定のショップは以下の通り。

・T-ZONE.PC DIY SHOP ・ツクモパソコン本店II ・クレバリー1号店
・ソフマップ秋葉原パソコン館 ・ソフマップリユース総合館 ・TSUKUMO eX.
・ツクモケース王国 ・フェイスカスタム館 ・フェイスパーツ館
・TWOTOP秋葉原本店 ・ツクモ DOS/V館  

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中