このページの本文へ

ウォッチガードがUTMをバージョンアップ、ゼロデイアタックに対応

2008年02月22日 21時38分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ウォッチガード・テクノロジージャパンは、同社の統合脅威管理(UTM)アプライアンス「Firebox X」シリーズ向けセキュリティソフトの新版「Fireware 10」「Edge10」を発表した。


大幅な機能向上により、中小企業のセキュリティを強化


 「Fireware 10」「Edge10」は、UTMアプライアンス「Firebox X Peak」「Firebox X Core」「Firebox X Edge」シリーズ向けのセキュリティソフト。

 今回発表された新バージョンでは、包括的なウイルス阻止機能として、「Real-Time Virus Outbreak Detection機能」を搭載。米Commtouch社のRPD技術を使った機能で、ウイルスやスパム、フィッシングといったメールベースのマルウェアに関しては、発生直後の新種も含めてほぼ100%の検知率で阻止するという。そのほか、セキュリティ関連では、「HTTPSウェブ・フィルタリング機能」や「ウイルス隔離機能」などが追加された。

 また、リモートからのアクセスをサポートする「SSL-VPN機能」を搭載したほか、トークンなど使った2要素認証によるシングルサインオンをサポート。H.323/SIPプロキシにも対応している。

 Fireware 10/Edge10を搭載したUTMの価格は、500クライアント以上向けFirebox X Peakが190万円から。500クライアント以下向けFirebox Coreが56万円から。50クライアント以下向けFirebox Edgeが25万円から。すでにUTMを導入し、Live Securityサポート契約の既存ユーザーには、無償で提供される。日本語版は2008年第2四半期に出荷予定。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ