このページの本文へ

2006年09月25日更新

空白欄を完全になくしたうえで自分らしさや誠実さをアピール

Step4 応募書類を作成し、企業へ応募する

  • Step1Step2Step3Step4Step5Step6

Step 4 応募書類を作成し、企業へ応募する

履歴書の書き方

ポイントは、相手に「ぜひ会ってみたい」と思わせること

 ほとんどの企業が履歴書や職務経歴書で第1次審査を行ない、応募者を面接に呼ぶかどうか判断します。ただし、採用担当者は多くの応募書類に目を通すわけですから、見た瞬間、「ぜひ会ってみたい」と思わせるような履歴書でなければ、次のステップに進むことは困難です。履歴書を書き上げたら、採用担当者の立場に立って読み返してみるなど、書類審査で落とされないための工夫を凝らしましょう。

採用を勝ち取る転職必勝マ ニュアル
履歴書サンプル(画像クリックで拡大)
1インクは黒が原則、用紙は市販のものでOK
 履歴書はコピーされることを前提に、黒インクの万年筆かボールペンを使用します。修正液での修正は禁物。間違えたらあきらめて新しい用紙にはじめから書き直しましょう。
2日付欄には提出日を
 日付欄には履歴書を郵送する、あるいは持参する日付を書きましょう。年号は西暦ではなく元号を使います。
3氏名のふり仮名も忘れずに
 名前は住民票に記載されている正式な表記、適度な大きさで書きます。ふりがなは忘れずにひら仮名で。捺印欄がある場合ばきれいに押印します。
4印鑑の押し方にもコツがある
 下地が硬い上で押すと上手く押しにくいので雑誌などを下地にすると押しやすい。力んで朱肉をつけすぎると、朱肉がにじみ逆に上手く押しにくいので気をつけましょう。最近の履歴書には印鑑を押す場所が無いモノがありますが、その場合でも印鑑は押します。押す場所は、「名前の右」つまり名前の隣に押します。
5顔写真は必ず貼付
 顔写真はビジネスにふさわしい服装、意欲を感じられる表情で、3カ月以内に撮影したものを貼付します。きちんとした服装で、胸から上がはっきり写っているものを使います。過度な茶髪、長髪は不利になることも。ここでは個性よりも、礼儀正しい印象を与えることが大切です。スナップ写真使用するのはNG
6住所は建物名まではっきりと
 番地の表記は「359-2」のように省略せず、「359番地2号」と書きます。アパート、マンションに住んでいるなら、建物名、部屋番号まで記入し、下宿している場合は現住所(下宿)と帰省先(実家)の両方を記載します。
7連絡先は確実な順に書く
 1人住まいなら、携帯電話の番号や確実に連絡が取れる時間帯を明記します。また、メールアドレスは記入欄がなくても記入するなど、企業からの連絡を逃さないように工夫します。
8学歴は小学校の卒業年次から
 小学校、中学校は卒業年次と学校名を、それ以降の学歴は入学年次と卒業年次、学校名、学部、学科、コース名まで明記します。その際、同上という意味で「〃」は使いません。受験浪人時期は履歴に空白期間ができますが、在籍していた予備校について書く必要はありません。
9職務経歴は最重要項目
 職務経歴は、もっとも重要視される項目です。転職を重ねていても、すべての入社・配属部署、退社歴を記載します。退職理由は「都合により」「会社倒産」などが一般的です。
10「勉強中」もアピールできる
 取得した資格、免許は仕事に直結していないものでも記入します。また、企業研修や専門講座などの受講歴、現在勉強中の内容なども明記することにより、ふだんから自己啓発を怠らない姿勢をアピールすることも可能です。
11志望動機は自分の言葉で
 志望動機欄は、入社したい理由や熱意を伝える重要な部分です。マニュアルにあるような形式的な言葉でなく、自分自身の言葉で主張できているかどうかがポイントになります。
12希望ははっきりと
 勤務地や職種などについて希望がある場合は記載しておきます。ただし、給料についての要望は企業の規定に準じることを前提に、面接の際に相談しましょう。
13趣味・特技欄も重要
 趣味・特技は簡潔になりがちですが、親しんでいる程度や頻度などについて一言添えることで自分らしさを表現できます。ここも面接時の話題になる可能性が高い項目の1つです。

※履歴書の提出方法は2とおり
 前もって履歴書を郵送する方法と面談時に直接手渡す方法。
履歴書を封筒に入れるときの注意点
  • 封筒はなるべく履歴書を折らずに入る大きさ(角4号くらい)。小さい封筒の場合は3つ折にします。
  • 宛名は略さずに書きます。
  • 組織宛て(担当者名なし)で出す場合は、部署名の下に「御中」と記入します。
  • 封筒の表には必ず赤のペンで「履歴書在中」あるいは「応募書類在中」と記入します。

職務経歴書の書き方

Next:Step 5 面接へ行き、自分を理解してもらう

 応募書類を作成し、応募してみましたか?次のStepでは面接に向けて準備しましょう。

Step 5を読む

  • Step1Step2Step3Step4Step5Step6

戻る採用を勝ち取る転職必勝マニュアルトップへ戻る

採用を勝ち取る転職必勝マニュアルバナー

おすすめ連載

組み込み系エンジニア特集

今さら聞けないIT英語

エンジニアライフ

資格試験対策

プロマネ・スキル

ビジネススキル

独立起業事例集

キャリア・コーナー紹介