このページの本文へ

プレビューでPDFの結合や画像の切り抜きまでできちゃう!!

Leopardアプリケーションガイド(後編)

2007年12月10日 02時23分更新

文● MacPeople編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

6. ターミナル


icon

「ターミナル」は、Mac OS XのベースとなっているUNIXの命令(コマンド)をキーボードからタイプして実行するソフト。コマンドを覚える必要はあるが、一括処理などはFinder操作よりも手早く実行できるなど、メリットも多い。このパワーユーザー御用達のソフトが、カラフルにアップデートした。



カラーウィンドウとタブ表示


(1) カラーウィンドウを表示(i)

ターミナル 従来も環境設定でウィンドウの背景色や文字色は変更できたが、Leopardのターミナルでは、通常のものに加え、6種類のカラフルなウィンドウを選べる

(2) カラーウィンドウを表示(ii)

ターミナル
左上から、Basic/Grass/Homebrew/Nove/、Ocean/Pro/Red Sandsのウィンドウを表示したところ

(3) ウィンドウをグループ化(i)

ターミナル 複数のウィンドウをまとめ、次回起動時にすべて呼び出すことが可能になった

(4) ウィンドウをグループ化(ii)

ターミナル
グループ化したウィンドウは、環境設定の「ウィンドウグループ」に追加され、次回以降の再利用が可能だ

(5) ウィンドウをタブで表示(i)

ターミナル Safariなどと同様に、ターミナルのウィンドウもタブで分類できるようになった

(6) ウィンドウをタブで表示(ii)

ターミナル
タブ表示にすることで、デスクトップにウィンドウが散乱することを防げる


ターミナルの環境設定


(1) ウィンドウとシェルの選択

ターミナル
環境設定の項目は従来とほぼ同じだが、インターフェスが変化している。「起動」では、起動時に開くウィンドウやシェルを選べる

(2) ウィンドウのカスタマイズ

ターミナル 「設定」の「テキスト」では、ウィンドウの背景色や文字色、フォントの変更ができる

(3) タイトルバーのカスタマイズ

ターミナル 「設定」の「ウィンドウ」では、ターミナルウィンドウのタイトルバーに表示する情報などを選択できる

(4) 文字コードの選択(i)

ターミナル 「設定」の「詳細」では、文字のエンコーディングなどを選べる。日本語などを表示したい場合は「Unicode(UTF-8)」を選んでおくといい

(5) 文字コードの選択(ii)

ターミナル (4)のポップアップメニューから選択できる文字コードは、「エンコーディング」でオン/オフできる。日本語のコードは、Unicodeのほか、EUC、Shift JIS、Shift JIS X0213などがある

(6) Mac OS X専用のコマンド

ターミナル リソースフォークを維持したままコピーできる「CpMac」などのアップル独自のコマンドは、Xcodeをインストールすれば使えるようになる

(次ページに続く)

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中